卵の袋煮。

「卵の袋煮が食べたいなぁ」とふと思った買い物中。
タイミングよく、油揚げの8枚入りが77円です。
よしよし、卵はあるし、これを買っていこうっと。
・・・と買ったのですが、なかなか使うことがなくて。
傷んだら嫌なので冷凍をしておりました。
そしてやっと、今日は袋煮をしよう、という日がやってきたのです。

というのも、数日前に鶏と大根を煮込んだお汁が少しだけ残っていたので、それを利用したいと思ったのです。
そしたら土鍋洗うのも1回で済むし(笑)
残っていた大根と、使おうと思って買っておいた大きなこんにゃくも入れて煮よう。
こんにゃくを三角形にカットして、表面に薄く格子模様を入れて味がしみ込みやすいように加工します。
そして大根を厚めの半月切りにします。
これで卵以外は準備完了。

次は一番重要な卵にうつります。
油揚げの端っこをカットし、袋状に開きます。
そしてそれを広げ、中に卵を落とす。
簡単そうですが、この「卵を中に落とす」ってのが意外と大変なんですよね。
油揚げってそんなに口が大きい物でもないし。
おわんなどに入れて、とありますが、入れても口がきれいに開くわけでもないし。
片手の指で広げながら、残りの指と反対の手で卵を割る、という努力をかなりやりました。
それからつまようじで口を閉じて出来上がり。

これらを全部鍋に並べて入れて煮込むだけです。
味付けは、残っていたお鍋のつゆ。
何の時だったか、いただいたんですよね。
だしがきいててとてもおいしいのです。
もちろんそれに多少なりとも味をプラスするわけですが。
今回は鶏と大根を煮たお汁も入っているので、コクが出てとってもいい感じに仕上がっています。

土鍋ごとどん、とテーブルに出し、ふたを開けるととってもいい香りがします。
「おでん?」
「おでんじゃない」
「でもおでんのにおいがする!」
大根と卵と、だしと油揚げの香りがまざっておでんのような香りになったようです(笑)
たっぷり汁を含んだ油揚げがたまらないおいしさです。
こんにゃくにもしっかりと味がしみていてサイコー。
娘はこんにゃくばかり拾い上げて食べるほどでした。
たまにはこういう料理も食べたくなりますよね。
寒い季節には、頻繁にこういうものをやりたいな、と改めて思いました。

素晴らしい講演会。

他の生き物のいのちをいただいて、人間は生きている。
そんな当たり前のことがわからない人が意外にいるようです。
昔はもっとしっかりこういう教育がなされていたような気がしますが、最近はゆとり教育などの影響か、勉強以外に費やす時間が、学校側にもないようです。
そんな中、幸いにもいのちの教育の講演会をわが子が通う学校で開催してもらえることになりました。
「いのちをいただく」という絵本に沿ってのお話です。

自分が小さいころから一緒に育ってきた牛を手放さなければならなくなった女の子と牛のお話が書かれています。
食肉加工センターに勤める男性の目線からこれが書かれているのです。
ずっと一緒に育ってきた牛の首をなでながら、あなたを売らないと生活ができないんだって、という話をする女の子。
女の子にとっては、大事な兄弟との別れのようなものだったでしょう。
でも、人間は他の動物の犠牲の上に成り立っているのです。
牛を売らなければ、人間が生活していけない。
牛の命をいただくことで、人間たちが生活していけると言うのがひしひしと感じられる内容なのです。

そして、その牛を肉にするという、いわゆるいのちをとる仕事をする側の人にも、恐ろしく葛藤があるのだというのもよくわかります。
ですから、著者の男性は、出来る限り苦しまなくていいようにしよう、できるだけ怖がらなくていいようにしよう、と心がけてくださっているそうです。
そしてその方のお子さんが、介護の仕事とお父さんの仕事は似ている、という事を言った、というお話がありました。
最後に出会ったのがこの人でよかった、と思ってもらえるようにしている、というのは同じでしょう、と。

本当にその通りだと思いました。
最後にこの人に出会えてよかった、と思ってもらいたい。
子育てにしてもそうですが、この人の子でよかった、と思ってもらいたい。
そう思うから、やはり愛情を傾けて子育てをするのだろうと思います。
同じように、最後まで動物を愛で、最後までお年寄りのお世話をするのでしょう。
命の大切さとはまた別の、人間の生き方に対するものも教えていただいた気がした素晴らしい講演会でした。
子どもたちの心にも、何か響いたはずです。
いい時間を持つことができました。

みんな違って・・・。

今日は息子の学校で講演会がありました。
いのちをいただく、という絵本を描いた熊本の食肉業者の方です。
この絵本自体は、私が参加している読み聞かせボランティアで必ず読んでほしいということで読まされていたため知っていたのです。
そして、なかなか忙しい方らしいのですが、今回日程が合ったため、来ていただけることになりました。
普段講演会というのは保護者だけで聞くのですが、ぜひ子どもたちも一緒にと言われたので、体育館でみんなで聞くことになったのです。

その方が若いころ、差別用語を言われ馬鹿にされた、というお話をされました。
そして、意味が分からなかったので先輩に聞いたところ、「バカにするけど、そういうやつらも肉を食べているのに」と、とても悔しそうに言った、というのが印象的でした。
実際いるんですよね…そういう人って、しかもたくさん。
例えば、お酒を飲みに来ているのに、対応してくれている女性に対して「なんでこんな仕事をしているんだ!」と説教をするおじさん。
そしてまた、そういう人に限って隙あらば触ろうとしたりするんです(笑)
私も個人経営のスナックのような居酒屋のようなお店でアルバイトをしていたことがありますが、やはりいました。

「こんな仕事をして、親は知っているのか」から始まり、「お前は何の苦労もしてきていないだろう」とひたすら説教をするんですよね。
いやいや、あなたよりよっぽど苦労を知っているから、そんな風に人にグチグチ言わないんですってば、と言いたくもなりましたが、言ってしまったら同じ立場になっちゃいますからね。
人を差別する発言をするけど、実際はその恩恵を一番受けている、という人って結構多いと思います。
専業主婦も同じようなものかな、と思います。

仕事が本当に忙しいのに役員がまわってきた、どうしよう、という時に助けてくれるのが専業主婦をしている人だったりするのに、働かないのはクズだ、みたいな発言をする人っていますもんね。
みんなそれぞれ尊いのですから、醜いけなし合いみたいなことはしないようにした方がいいのになぁ、と講演を聞きながら思いました。
みんな違ってみんないい、そんな詩人の言葉がふと浮かんできたのでした。

諦めなければ成功する

ちゃんぽんって…、あのちゃんぽん?長崎県で有名な?またいつもの私の早とちりではないかと思い、何度も聞き返してしまいました。何度聞いても、間違いありません。ちゃんぽんバーガーがあるというのです。

姿かたちを想像できないちゃんぽんバーガーを食べられるのは、やっぱり長崎県でした。麺料理のちゃんぽんをバンズで挟むなんて、困難を極めそうです。何とか挟むことはできても、ハンバーガーのように手で持ってかぶりつくことは、まずできないでしょう。果たしてどんな形でちゃんぽんがハンバーガーになっているのでしょうか?

その作り方を聞いて、納得しました。よく考えれば、ちゃんぽんがそのままバンズで挟まれるわけがないですもんね。衣をつけて揚げられ、コロッケにされたちゃんぽんがハンバーガーになっていました。具は、イカ・えび・キャベツ・もやしなどで目にも鮮やか。もちろん、ちゃんぽんの麺もちゃんと入っています。

ちゃんぽんをコロッケにするのは、容易なことではありません。とろみをつけたちゃんぽんにパン粉をつけて揚げ油に入れると、衣がパンク。他にも失敗が続いたようです。でも、それで諦めるハンバーガーショップではなかったのですね。試行錯誤を繰り返し、やっとちゃんぽんバーガーの誕生が叶ったようです。

成功までに作った試作品の数は、100個にも上るんだとか。よく途中で挫折しなかったものだと、尊敬してしまいます。ちゃんぽんをコロッケにしてバンズで挟むのは無理だと、他のメニューに心移りをしてしまってもおかしくありませんもの。

バンズにはちゃんぽんコロッケの他に、たっぷりの千切りキャベツと特製マヨネーズソースが挟まっているようですよ。長崎名物・ちゃんぽんの新しい形に、ゼヒお目にかかってみたいです。

ライスの次はラーメン

長崎名物の一つ・ちゃんぽん。それがハンバーガーになったと聞いたときは、にわかには信じられませんでした。麺料理のちゃんぽんがバンズに挟まっている姿なんて、どんなに頑張っても想像できません。

ちゃんぽんバーガーは食べてみたいですが、さすがにそのためだけに長崎県を訪れることはできません。その姿を確かめるべく写真を見てみると、一見何の変哲もないハンバーガー。それがなんと、コロッケの中から出てきたのはちゃんぽん!

ちゃんぽんに衣をつけて揚げられ、コロッケにされたものがバンズに挟まれていたのです。とてもじゃないですが、誰でも思いつくアイディアではないですよね。さすが、長崎県のハンバーガーショップです。

麺料理がハンバーガーになっているなんてちゃんぽんバーガーくらいだと思ったら、他にもまだありました。今度はラーメンです。といっても、こちらはラーメンが挟まっているのではなく、ラーメンに挟められているのです。

今ではハンバーガーといってもパンだけじゃなく、ご飯を使った「ライスバーガー」もありますね。喜多方ラーメンを使ったハンバーガー、その名も喜多方ラーメンバーガーもそれと同じ作り方。バンズにラーメンが挟まっているのではなく、固めたラーメンにメンマやチャーシューなどが挟まっていました。

味はとんこつ・しょうゆ・塩の三種があり、これらはスープじゃなくソースという形で使われているようですよ。一番人気はとんこつなんだとか(^^)

他でもラーメンバーガーは作られているみたいですが、喜多方ラーメンバーガーを食べられるのは喜多方だけ。味は他と全く比べものにならないといいます。麺に使う粉から挟める具、そしてもちろんスープの味にまで全てこだわりがあるようです。

ラーメンバーガーを作るには多大な手間がかかるというのに、350円という値段にも驚きです。

素材は何でしょう

ご当地バーガーには、地元の特産物や名物が生かされています。見たことも食べたこともないものでも、名前を聞けばどんなハンバーガーなのかわかるものもありますね。

牛タンバーガー、ほたてバーガー、亀岡牛チーズバーガー、くじら竜田バーガー、まぐろメンチバーガー、ふぐバーガーなどなど…。使われている素材がそのまま名前に付けられているものは、誰にでもわかりやすく覚えやすいです。

ちゃんぽんバーガーやラーメンバーガー、たこ焼きバーガーなど、何が使われているのかはわかっても姿かたちが思い浮かばないものも。それぞれの料理がどんな風にアレンジされているのか、興味をそそられます。

そしてご当地バーガーの中には名前を聞いただけだと、どんなハンバーガーなのか全く想像がつかないものもたくさんあります。たとえば、堺バーガー。大阪の堺市で食べられるんだろうなということはわかりますが、名前だけではどんな素材が使われているのかイメージがわきません。

堺バーガーのことを知って、ちょっと驚きました。なんと意外にも、パテがダチョウ肉で作られたハンバーガーなのですね。しかもダチョウ肉100%!他のお肉が混ぜられてないばかりじゃなく、つなぎも一切使用していないというのだから、紛れもなく完全ダチョウ肉パテ。

馴染みがないだけに、ダチョウ肉のパテはどんな味がするのか気になります。食べたことがある人によると、とてもジューシーで肉汁があふれ出すんだとか。噛む必要がないほど柔らかく、口に入れたらすぐにホロホロと崩れてしまうんだそうですよ。

ダチョウ肉は高たんぱく・低カロリー、その上鉄分が豊富だというので、女性は積極的に食べたいところ。クセや臭みがないようなので、食べやすそうですね(^^)

白エビとイカ踊り

エビを使ったハンバーガーなら珍しくありません。でも、白エビバーガーというとどうでしょう。白エビという名前さえ、あまり聞いたことがありません。他では見たことがない白エビバーガーを食べられるのは、富山県にある道の駅・カモンパーク新湊です。

ご当地バーガーにはちょっとお高いイメージがありましたが、300円というお手頃価格も魅力です♪それでいてボリュームはたっぷり。小さめサイズを思い描いていたら、意外と大きくて驚きました。実際に白エビバーガーを食べた人も、意外な大きさにビックリしているようですよ。

バンズには、サクサクの白エビのかき揚げ・お手製のタルタルソース、そして野菜がたっぷり挟まれているんだとか。具はその場でバンズに挟んでくれるというので、出来立ての美味しさを味わえそうですね(^^)

白エビとは、体長6cmほどのとても小さなエビなんだそうです。その白エビが大量に獲れるのは、世界中で富山湾だけなんですって!日本一だけでも大したものだと思うのに、世界一とは頭が下がります。かき揚げ以外では、生のままでもすり身にしてもとても美味しいというので、一度新鮮な白エビを食べてみたいです(^^)

地元で獲れる魚介を使ったハンバーガーは、北海道函館市でも食べることができますよ。函館で食べられるのは、イカ踊りバーガー。その名の通り、食べれば本当にイカの旨味が口の中で踊り出す!揚げたて熱々の衣に、イカの旨味がたっぷり染み出す…。

それもそのはずです。バンズには、獲れたばかりの新鮮なイカを揚げたフライが挟まれているんですから。いつでも食べられるわけじゃなく期間限定だというのがちょっと残念ですが、だからこそレア度は高いですね。イカ好きにはたまりません♪

鹿・鯨・馬、そしてダチョウ。

今では全国各地でいろんな動物のお肉がミンチやフライにされ、バンズでサンドされています。京都府亀岡市では亀岡牛バーガー、長崎県平戸市では平戸和牛バーガー。ブランドは違っても、牛のお肉には昔から馴染みがありますね。ご当地バーガーには、普段はあまり口にすることのないお肉が使われているものもいろいろあるんですよ。

北海道の北の方に行けば、高確率で野生のエゾシカと出会えます。昔よりもエゾシカの数が増えた今では、山道を走っていて一頭も見かけない方が珍しいかもしれません。

そして北海道釧路市阿寒町では、エゾシカバーガーを食べることができます。高たんぱくで低脂肪、さらにはコレステロールも低いエゾシカのお肉は、ヘルシー志向の方にも喜ばれていますよ(^^)

昔は学校給食の定番メニューだったくじらの竜田揚げも、今はハンバーガーになる時代。結構な値段がするくじら肉ですが、山口県下関市ではお手頃価格でくじら竜田バーガーを食べることができます。くじらの町とも呼ばれている下関市には、ハンバーガーの他にもいろんなくじら肉料理を楽しむことができるんですよね(^^)

熊本県には馬肉バーガーがあります。馬刺しが好きな人は多いと思いますが、ハンバーガーになった馬のお肉も味わってみては?馬刺しとはまた違った美味しさにハマるかもしれませんよ♪私の知人は九州旅行をして以来、すっかり馬肉のファンになってしまいました(^^;

私が注目しているのは、神奈川県相模原市のご当地バーガー。ダチョウバーガーですって!ダチョウ肉があることは知っていましたが、まだ食べたことがないのでとても気になります。私はお肉の中だと鶏肉が一番好きなので、ダチョウ肉も気に入りそうな予感がします(^^)

エゾシカ・くじら・馬・ダチョウ。あなたはどのお肉がお好みですか?

別れ時だとは言えません

「一緒にいても携帯ばかりいじっているんだ…」「何でもいいとしか言ってくれない…」
そんなことを悲しそうに話すのは、今の彼女と付き合い始めて1年半ほどになる男友達です。

2人が付き合い始めたのは、彼女からの告白がきっかけでした。最初は男友達の彼女に対する思いより、彼女の男友達に対する思いの方が大きかったんですよね。そんなに彼女に好きになってもらって幸せなヤツだなぁ…と、しみじみ感じていたものでした。

でもいつの間にやら、立場は逆転。恋人の気持ちを量りにかけることは好ましくないかもしれませんが、どちらかといえば男友達の方が彼女に夢中になっているような気がします。

そんな男友達の悩みは、せっかく一緒にいても彼女がずっと携帯をいじっていること。話をしていても上の空で、彼女の視線は彼氏じゃなく携帯の画面に釘付けなんですって。それを黙ってみている男友達も情けない。私は言ってやりました。彼女に携帯ばかりいじるなと、ガツンと言えばいいじゃないかと。

相手がいるのに、携帯ばかりをいじっているなんて常識外れ。それは彼氏彼女に限らずどんな関係であるにせよ、失礼な話です。相手の存在を無視しているも同然です。大切な内容ならしかたないですが、そうじゃないのなら失礼以外の何ものでもありません。

「何でもいいとしか言ってくれない」というのは、デートの場所や食事のことなど。「どこに行きたい?」「何を食べたい?」「何をしたい?」どんな質問にも彼女の答えは「何でもいい」なんですって。

それなら男友達が決めちゃえばいいと思いきや、そうもいかない様子です。何でもいいと答えておきながら、男友達が提案したことに二つ返事をすることは、まず無いようで…。要するに、ワガママということでしょうか。

リーズナブルなふぐ

大きな期待のもと、大きな口を開け、大きくかぶりついた友達。次の瞬間、大きく感動!…したとは言いませんでしたが、ちょっとした笑みはこぼれてしまったようです(^^)その場所は、山口県下関市。そして友達が豪快にかぶりついたものは、ふぐバーガーです。

ふぐバーガーなんてどんなに美味しいものだろうと、かなり楽しみにしていたみたいですね。サクサクのフライにされたふぐから溢れ出す甘み。その美味しさは、他の白身魚とは一線を画していると感じたようですよ。高級魚のふぐは、フライにしてもふぐ。やっぱり上級な味がするんですね。

サクサクのふぐフライもさることながら、タルタルソースの味も気に入ったみたいです。バンズに挟まれているのはふぐフライとタルタルソース、そしてキャベツととてもシンプル。だからこそ、ふぐの甘みを何にも邪魔されることなく、存分に堪能できるのかもしれません。

高級魚のふぐが使われているのだから、お値段も結構なものだと想像します。千円ほどしてもしかたないと覚悟していたようです。ところが実際は、覚悟していた額の1/3ほどの350円!高級なふぐを、こんなにお安く味わえてしまっていいのでしょうか…。

お肉も好きですがどちらかといえばお魚派の私は、数あるご当地バーガーも魚介を使ったものに惹かれます♪ふぐバーガーの他には、静岡県富士宮市の鱒バーガーが気になるところ。富士宮のB級グルメでは、焼きそばが有名ですね。この鱒バーガーも、B級グルメの一つです。

富士宮焼きそばが大人気である一方、鱒バーガーには少々厳しい意見が多いかも…?といっても決して味が悪いわけじゃなく、町おこしを狙うにしては印象に欠けるようですね。でも変なクセがない分、誰にでも好まれそうだと言われています(^^)