人見知りは自分だけじゃない

初対面の人とはなかなか打ち解けられない。自分から声をかけていくことができない。話かけてもらっても話が続かない。人見知りをする人は、日頃からそんな悩みを抱いています。どうすれば人見知りを克服できるのだろう?

初めて会う人と、無理に話そうとする必要はないというアドバイスがあります。無理をしてしまうと、どうしても表情が固くなるし、言葉も不自然になってしまう。それではその場は盛り上がったように見えても、後からお互いが疲れてしまうとのこと。

確かにそれは言えるかもしれません。無理をしていれば、相手にも伝わります。

そういうアドバイスに対して「でも無理をしないと話せない」というのが、人見知りの方の言い分。「無理をするのは良くないからと言って、黙っているわけにはいかないでしょう。その方がよっぽど気まずい」とのこと。

確かにそれも言えますね。無理をしないでも話せるのなら、最初から悩みません。

それでは、意識を変えなさいというのはどうでしょう。相手には自分がどう映るのかということばかりに気をとられてしまっては、さらに緊張して上手く話せなくなってしまいます。自分は相手にどう思われているかより、相手の人柄を見てみては?相手の目の優しさに気がつけば、肩の力も抜けるはずです(^^)

そのためにも、先入観を捨てることが重要。一見怖そうでも話してみれば優しい人や、格好は派手でも気さくに話せる人など、見た目と中身が違う人はたくさんいます。

難しい表情をしている人だな…と思ったら、実は自分のように人見知りで緊張しているだけだったというケースもあります。そんな人に出会ったら、自分の顔を鏡でチェック。緊張のあまり、しかめっ面になっていませんか?

{ Comments are closed! }