冷めても離れてもいないのに

今、とても反省していることがあります。ここ最近忙しくて、彼氏にもあまりメールをしていませんでした。あまりというより、私からメールをすることは無くなっていたかもしれません。向こうからメールがくれば必ず返しますが、最後に私からメールを送ったのはいつだったか…。

付き合い始めたばかりの頃は、私も頻繁にメールをしていました。男の人の中にはメールが面倒だという人もいますが、彼氏はメールもマメなタイプ。私がメールを送らない日があっても、彼氏から来ない日は無かったかもしれません。でもそれも、付き合い始めてから数ヶ月の間だけ。最初は頻繁だったメールも、少しずつ回数が減ってきます。

でも決して気持ちが冷めてきたわけではなく、逆に安定してきたから。彼氏彼女の関係になったといえども、最初はやっぱりお互いの気持ちに不安があるもの。その不安を埋めるために頻繁にメールをし合うことで、安心していたような気がします。

確かに最初の頃に比べたら、メールの回数はだいぶ少なくなりました。でも私は全然意識していませんでした(^^; 忙しくて彼氏のことを考える余裕がなかったわけではありませんよ。メールもしようと思えば、そのくらいの時間はありました。

でも特に用件もなかったので、メールをしていなかっただけのこと。それが彼氏を不安にさせているとは、夢にも思いませんでした。私から全くメールが来ないことに、彼氏はとても不安になっていたようなんです。

私の気持ちが冷めてしまったんじゃないか?自分から離れつつあるんじゃないか?遠回しに「別れたい」と言われているんじゃないか…。そんなことを考えていたようです。全くそんな気はなかった私にとって、驚き以外の何ものでもありません。これからはちょっとした内容でも、メールを送るようにします(^^;

{ Comments are closed! }