切り干し大根のいいところ

いつも「この香りは料理をする人の特権だ」と思いながら、切り干し大根の袋を開けます。自然の甘い香りがするんですよね(*^_^*)調理する前から食べたくなってしまうほど♪切り干し大根は香りがとてもいいだけじゃなく、体にも嬉しい栄養がたくさん含まれているんですよ。

生の大根を切り、天日で干して乾燥させたものが切り干し大根。日光をたっぷり浴びた大根は、甘味も栄養もたっぷり♪50gの切り干し大根を作るためには、500g~600gほどの生の大根が必要だと言います。それを聞いただけでも、切り干し大根にはどんなに栄養が凝縮されているかわかりますね。

単純に重量だけを見て考えれば、切り干し大根の栄養価は生の大根の10倍だと思えます。10倍でも大した数字なのに、実際はそれ以上だというのだから驚き!

それぞれ50g当たりの栄養成分を比べてみると…。

カルシウムは、生大根が12mg・切り干し大根が67mg。カルシウムは、骨や歯を作るために必須。他にも、骨や歯を丈夫にする・興奮や緊張を和らげる・血液凝固作用・動脈硬化や高血圧の予防に効果的です。

鉄分は、生大根が0.1mg・切り干し大根が1.2mg。これは鉄分を豊富に含むことで知られる鶏レバーの上をいく数字!鉄分不足になりやすい女性には、貧血や口内炎を予防するためにもオススメです。

カリウムは、生大根が115mg・切り干し大根が400mg。高血圧予防や腎臓にたまった老廃物の排出に役立ちます。

食物繊維は、生大根が0.75g・切り干し大根が2.6g。動脈硬化やガンの予防、便秘の解消、肌トラブルの改善に効果的!食物繊維はお腹の中で水分を吸収して膨らむので、その分満腹感を得やすくなります。ということで、ダイエットにもつながるといえます(^^)

{ Comments are closed! }