北海道素材が生きています

何年前のバレンタインデーだったでしょう。北海道旭川市にある壷屋総本店の「ホワイトチョコスナック」を父にあげました。父は甘いものも結構食べて、チョコレートも好きなんですよね(^^)

ホワイトチョコスナックは、コーンパフにホワイトチョコがコーティングされたもの。バレンタインの季節にはありとあらゆるチョコレートが出回りますが、他ではあまり見かけないので珍しいと思い、これを選んでみたんです。

そしたら思った以上に気に入ってくれて、すごく嬉しかったなぁ♪コーンパフがサクサク軽くて、ホワイトチョコがほんのり甘くて…。メタボが気になるお年頃。一度食べだすと手が止まらなくなっていたので、あまり頻繁にはあげない方がいいかなと思ってしまいました(笑)

お酒のおつまみには「焼きとうきびスナック」もぴったり♪しょうゆ風味の北海道とうきびと聞いただけで、お酒に合うことを確信しちゃいます。とうきびの風味とおしょうゆの香ばしさをたっぷり味わえますよ(^^)

北海道の素材が生きているお菓子には「北海道グリーン萌」もあります。これはフィナンシェなんですが、珍しいのは北海道産アスパラ粉末が使われていること。といってもアスパラの味が前面に出ていることはなく、りんご・クランベリー・レーズンなどの香ばしさを楽しめます♪

もっと濃厚なお菓子を食べたいときには、「北の風道」がおすすめ。ミルク感たっぷりで、バターの風味がとても豊か。しっとりした口当たりには、いつ食べても幸せにさせられます(*^_^*)

いつでも食べたいのに、それが叶わないお菓子もあります。「あさひかわ生まれのお米でつくったケーキです」なのですが、販売期間が限定されているんです…。毎年、このお菓子がお店に並び始めるのを心待ちにしています。

{ Comments are closed! }