嫌いなはずの最中だけど

小豆で作られた餡子が、こどもの頃からの大好物。生クリームたっぷりのケーキより、小豆餡がぎっしりの和菓子を喜んで食べていました(^^)おまんじゅう、どら焼き、たい焼き、大福などなど…。菓子パンの中では、あんぱんが大好き♪

そんな中にも、餡子入りだけどあまり好んで食べないものも…。なぜか最中は、あまり食べたいと思えないんですよね(^^;

だけど、北海道では有名な壷屋総本店の最中は別。これは大好きで、家にあると大喜びでいただいちゃいます(*^_^*)壷屋総本店が作る最中の名前は「壺もなか」お店の名前が由来になっているだけじゃなく、見た目も壺の形をしているんですよ♪

壺に見立てた最中を持てば、ずっしりとした重み。そして香ばしい皮の中には、壷屋の自家製餡がぎっしり!昭和8年に発売して以来、今の今まで一切製法は変えていないんですって。それだけこだわりがあるということですね。当時の味を知る人が食べたら、懐かしさに目を細めそう。

壷屋総本店では、「懐中しるこ」という、一風変わった最中も作っています。懐中しるこは小豆餡の粉末が入った最中なんですが、器に入れてお湯を注いで食べるんです。名前の通り、お汁粉感覚で楽しいですよ(^^)

壷屋では、毎年10月上旬から「北海道豆ぜんざい」もお店に並びます。お餅が別添えされていて、厳選された道産小豆と一緒に食べるものです。11月下旬に北海道豆ぜんざいの販売を終えると、そのおよそ1ヶ月後には「北海道豆しるこ」が登場。こちらも販売は1月下旬までと、たったの1ヶ月ほどしかお目にかかれません…。

ぜんざい派は11月上旬から、おしるこ派は12月も押し迫った頃に探してみてください(^^)どちらを選んでも、ふっくら炊き上げられた道産小豆の美味しさを楽しめます。

{ Comments are closed! }