甘味オンリー?酸味も欲しい?

幸せになるくらい甘いもの、甘酸っぱいもの、鮮やかな赤色のもの、形がキレイなもの、果肉が柔いもの硬いもの…。イチゴも品種によって、いろんな味わいがあります。

イチゴは甘ければ甘いほど好き♪という人には、『章姫』や『紅ほっぺ』がオススメ。これらは静岡県で生産されているイチゴです。章姫の親の一つは『女峰』という品種なのですが、女峰はちょっと酸味があり。親は酸味があるのに、子は甘いのって不思議ですね。

栃木県の『とちおとめ』、佐賀県の『さがほのか』、奈良県の『あすかルビー』、群馬県の『やよいひめ』、福岡県の『とよのか』、熊本県の『ひのしずく』、長崎県の『さちのか』なども甘味が強いイチゴです。

もっと甘いイチゴが食べたい!という方には、千葉県の『ふさの香』や奈良県・徳島県の『ももいちご』はたまらないと思います。でもこれらは生産量が極めて少なく、そう簡単に入手できないことが難点。

徳島県のブランドイチゴ『さくらももいちご』の甘味は、ただでさえ甘味が強いももいちごの上を行くほど。そして入手のしにくさも、ももいちご以上です…。

甘さの中にも程よい酸味があるイチゴを好む人には、静岡県の『女峰』がぴったり。キレイな色や形と甘酸っぱさは、スイーツでも活躍しています。

他には福岡県の『博多あまおう』や『とよのか』、愛知県の『ゆめのか』、新潟県の『越後姫』、香川県の『さぬき姫』、宮城県の『もういっこ』、長崎県と大分県で共同開発された『恋の香』も適度な酸味を楽しめます。

甘酸っぱいイチゴの中で希少価値が高いのは『ダイヤモンドベリー』で、宮城県や福岡県で生産されています。ダイヤモンドベリーは、強い甘味と程よい酸味のバランスが抜群!そのまま食べてももちろんおいしいのですが、優しい色合いはデザートにもぴったりです。

{ Comments are closed! }