蜜たっぷりで甘さいっぱい

りんごが大好きな私はりんごなら何でも好きです♪その中でも、甘味の中にも適度な酸味もあると嬉しくなります(^^)周りには、りんごは好きでも酸味があるものは得手じゃないという人も少なくありません。

酸味が少ない品種だと『ひろさきふじ』や『つがる』がオススメ♪ひろさきふじの収穫はふじよりも早く、9月下旬。果汁をたっぷり含んでいて、とっても甘いふじりんごです。シャキシャキと歯ざわりの良いふじよりも少し柔らかく、酸味も低いので食べやすいですよ(^^)

日本で最も生産量が多いのはふじ、二番目がつがるです。つがるは色は薄くても甘味が濃い♪収穫はひろさきふじよりも早く、9月上旬から始まります。りんごシーズンに突入する頃から大人気!シーズン終盤になると果実が柔らかくなるので、幅広い年代に好まれています(^^)

さらに早い時期から出回るりんごもあります。それが『祝』という青りんごで、「夏の青りんご」とも呼ばれているんですよ。皇太子ご成婚が、おめでたい名前の由来になっているようです。祝も甘味が強い品種で、成熟する前でも美味しいです♪

蜜がたっぷり入ったりんごには『北斗』、『レッドゴールド』、『こうみつ』、『ぐんま名月』、『新世界』、『あかぎ』などがあります。

北斗は甘味が強くてジューシーなのに、見た目があまり良くないと言われているんですよね…。それでも品質は全然悪くないのに、もったいないなぁと思います。

レッドゴールドは少し小さめで真っ赤なりんごで、栽培は主に北海道。割ると蜜が入っていて、濃厚な味を楽しめます(^^)ただ、あまり長持ちしないのがちょっと難点かな?

黄色いぐんま名月は、まろやかな甘味が女性に好評♪

新世界も味が濃いことから、群馬県で高い人気を誇っているようです。

個性的だといわれているこうみつは、パイナップルに似た味がするんだとか。まだ出会ったことがないので、一度食べてみたいです(^^)

甘味が強い品種はまだまだたくさんあります。酸味が苦手な人も、好みのりんごを探してみてくださいね。

{ Comments are closed! }