諦めなければ成功する

ちゃんぽんって…、あのちゃんぽん?長崎県で有名な?またいつもの私の早とちりではないかと思い、何度も聞き返してしまいました。何度聞いても、間違いありません。ちゃんぽんバーガーがあるというのです。

姿かたちを想像できないちゃんぽんバーガーを食べられるのは、やっぱり長崎県でした。麺料理のちゃんぽんをバンズで挟むなんて、困難を極めそうです。何とか挟むことはできても、ハンバーガーのように手で持ってかぶりつくことは、まずできないでしょう。果たしてどんな形でちゃんぽんがハンバーガーになっているのでしょうか?

その作り方を聞いて、納得しました。よく考えれば、ちゃんぽんがそのままバンズで挟まれるわけがないですもんね。衣をつけて揚げられ、コロッケにされたちゃんぽんがハンバーガーになっていました。具は、イカ・えび・キャベツ・もやしなどで目にも鮮やか。もちろん、ちゃんぽんの麺もちゃんと入っています。

ちゃんぽんをコロッケにするのは、容易なことではありません。とろみをつけたちゃんぽんにパン粉をつけて揚げ油に入れると、衣がパンク。他にも失敗が続いたようです。でも、それで諦めるハンバーガーショップではなかったのですね。試行錯誤を繰り返し、やっとちゃんぽんバーガーの誕生が叶ったようです。

成功までに作った試作品の数は、100個にも上るんだとか。よく途中で挫折しなかったものだと、尊敬してしまいます。ちゃんぽんをコロッケにしてバンズで挟むのは無理だと、他のメニューに心移りをしてしまってもおかしくありませんもの。

バンズにはちゃんぽんコロッケの他に、たっぷりの千切りキャベツと特製マヨネーズソースが挟まっているようですよ。長崎名物・ちゃんぽんの新しい形に、ゼヒお目にかかってみたいです。

{ Comments are closed! }