You are currently browsing the あいまいな季節 blog archives for 5月, 2012


お姫さまな苺たち

「お姫さま」という言葉の響きが好きで、そういうアニメもよく見ていました(*^_^*)大人から名前に「姫」をつけて呼ばれると、冗談だとわかっていても嬉しくなっていたのを覚えています。

赤い色や形が女の子っぽいいちごには、「ひめ」と付く名前も多いんですよね。

静岡県で生まれ、久能早生と女峰を親に持つのは「章姫(あきひめ)」。細くて長い形をしているので、他のいちごに紛れ込んでいても、どれが章姫か見つけやすいです。いつでも酸味は少ないのが、冬になるとさらに甘味が増しておいしい♪

ちなみに章姫の親「女峰」は栃木生まれで、色も形も絵に描いたようにキレイ!程よい酸味と見映えの良さから、お菓子作り使われることも多いです。

そして「久能早生」はちょっと硬めで、酸味が強め。章姫と同じく、静岡県で誕生した細長いいちごです。長い間静岡県の特産品として有名だったのが、章姫の誕生をきっかけに生産量は落ちているようです(>_<)

女峰は、新潟県で生まれた「越後姫」の親でもあります。越後姫の親は、「女峰×ベルルージュ」と「とよのか」です。豊かな香りと強い甘味、そしてちょっとした酸味が特徴。越後姫とは、6月頃までお目にかかれます(^^)

香川県の「さぬき姫」は、「さちのか×とちおとめ」と「さがほのか」を親として誕生。さぬき姫にも、甘味の中に程よい酸味があって、とてもジューシー♪

「さちのか」と「とちおとめ」は色が濃くて甘味と香りが強く、「さがほのか」は整った形とキレイな色をしたいちご。さがほのかも甘くて酸味が少なく、スッキリとしたクセのない味わいが人気です(^^)

とちおとめは東日本で特に高い人気があり、さがほのかは佐賀県で作られるいちごの7割を占めるといわれています。

イチゴの親と子

既にある品種を掛け合わせることによって、新しいイチゴが次々と生まれています。親となるイチゴと子として誕生したイチゴのいくつかを、ピックアップしてみました。

■「久能早生」×「女峰」=「章姫」

・章姫 … 大粒の長い円錐型で、真っ赤に熟す。酸味が少なく甘味が強い。特に冬や早春には甘味が増す。
・久能早生 … 細長い形。果実は若干硬い。強い酸味がある。
・女峰 … 赤色が濃く円錐型で、カット面がキレイ。実に締りがあり、日持ちする。甘味と酸味のバランスが良く、デザートなどに使われることが多い。

■「はるのか×ダナー」×「麗紅」=「女峰」

・はるのか … 日持ちが悪く、春先から品質が劣る。ウドン粉病にかかりやすい。
・ダナー … 昭和25年にアメリカから上陸した品種。甘味・酸味・香りのバランスが良い。
・麗紅 … 粒が大きく円錐形。光沢ある鮮やかな赤色。甘味・酸味ともに強い。

■「とよのか」×「アイベリー」=さちのか

・さちのか … 色は濃い赤で紡錘形。大粒で緻密な果肉をしている。甘味と香りが高く、日持ちも良い。他のイチゴよりもビタミンCが豊富。
・とよのか … 大粒で丸みのある円錐形。光沢ある鮮やかな赤色。香りが豊かで程よい酸味があり、果汁が多い。生産量は減少傾向にあるとされる。
・アイベリー … 極めて大きな果実が特徴的で、イチゴの中でも最も大きい。甘味と酸味のバランスが良く、濃厚でコクがある。栽培が難しいため生産量が減り、幻になりつつあるとか…。

■「さちのか」×「章姫」=「紅ほっぺ」

・紅ほっぺ … とてもキレイな外見。大粒の長円錐形。食感が良くて甘さが強く、コクがある味わい。

アイベリーのように幻になってしまうイチゴがあっても、その特徴を子が受け継いでいってくれることを期待します。

甘味オンリー?酸味も欲しい?

幸せになるくらい甘いもの、甘酸っぱいもの、鮮やかな赤色のもの、形がキレイなもの、果肉が柔いもの硬いもの…。イチゴも品種によって、いろんな味わいがあります。

イチゴは甘ければ甘いほど好き♪という人には、『章姫』や『紅ほっぺ』がオススメ。これらは静岡県で生産されているイチゴです。章姫の親の一つは『女峰』という品種なのですが、女峰はちょっと酸味があり。親は酸味があるのに、子は甘いのって不思議ですね。

栃木県の『とちおとめ』、佐賀県の『さがほのか』、奈良県の『あすかルビー』、群馬県の『やよいひめ』、福岡県の『とよのか』、熊本県の『ひのしずく』、長崎県の『さちのか』なども甘味が強いイチゴです。

もっと甘いイチゴが食べたい!という方には、千葉県の『ふさの香』や奈良県・徳島県の『ももいちご』はたまらないと思います。でもこれらは生産量が極めて少なく、そう簡単に入手できないことが難点。

徳島県のブランドイチゴ『さくらももいちご』の甘味は、ただでさえ甘味が強いももいちごの上を行くほど。そして入手のしにくさも、ももいちご以上です…。

甘さの中にも程よい酸味があるイチゴを好む人には、静岡県の『女峰』がぴったり。キレイな色や形と甘酸っぱさは、スイーツでも活躍しています。

他には福岡県の『博多あまおう』や『とよのか』、愛知県の『ゆめのか』、新潟県の『越後姫』、香川県の『さぬき姫』、宮城県の『もういっこ』、長崎県と大分県で共同開発された『恋の香』も適度な酸味を楽しめます。

甘酸っぱいイチゴの中で希少価値が高いのは『ダイヤモンドベリー』で、宮城県や福岡県で生産されています。ダイヤモンドベリーは、強い甘味と程よい酸味のバランスが抜群!そのまま食べてももちろんおいしいのですが、優しい色合いはデザートにもぴったりです。

みんな持ち味が違います

整った形と鮮やかな赤色が可愛らしいいちご。お店に行けばいつの季節でもお目にかかれますが、やっぱり旬の春が一段と輝いて見えます(^^)

見た目にも可愛いいちごは、名前もオシャレなものが多い。果肉の柔らかさ・硬さ、甘味や酸味の低さ・高さはそれぞれ違います。小粒だったり大粒だったり、丸い形をしていたり円錐型だったり、真っ赤に色づいていたり少し白っぽかったり、形や色も様々。

品種によってどのくらい違いがあるのか、味の比較をしてみてもおもしそうですね(^^)

いちごはスイーツやお菓子でも定番の果物ですが、その中でも『女峰』という品種がよく使われています。スッキリした甘さとちょっと強めの酸味がお菓子作りにもぴったり。程よい酸味が味のアクセントになるだけじゃなく、濃い色やキレイな形はお菓子の見た目も引き立ててくれます(^^)一昔前までは、日本の代表的ないちごでもありました。

栃木で生産されている『とちおとめ』は、レッドパールと呼ばれる通り、光沢のあるキレイな赤色をしています。粒は女峰よりも大きく、15g前後が平均的。酸味が少なくて甘味が強く、日持ちするいちごです。東日本では、最も多く見られる品種のようですよ。

福岡県で作られる『とよのか』は新品種に押され気味だと言われながらも、根強い人気の持ち主。酸味が少なくて、口に含むと甘味と一緒に果汁が溢れ出します。ちょっと形がいびつになることもありますが、光沢ある鮮やかな赤色がキレイないちごです。

新潟県では、とよのかをベルルージュと女峰に交配させた『越後姫』が育成され、平成8年に品種登録されています。女峰と同じように強い甘味の中に酸味も程よくあり、とてもジューシー。香りも豊かです(^^)

納豆の美味しい食べ方

とてもヘルシーなソフトクリームを見つけました。でもそのソフトクリームを見た大半の人は「体に良さそうだ」と思うより先に、「臭そうだ」と思うかも。体に良くて臭い日本ならではの食べ物といえば、納豆です。

あの臭みは、ソフトクリームになるとどうなるか?あの粘りがソフトクリームになると、どんな舌触りを生み出すか?砂糖を加えてかき混ぜるとさらに粘りが増すことを思い出すと、ソフトクリームでの活躍にも期待してしまいます。

ウワサの納豆ソフトクリームを食べられるのは、北海道河東郡音更町にある「社会福祉法人更葉園直営売店 おとぷけ通り」です。

おいしさを優先させ、納豆の臭みはほんのり感じる程度にしてあるか。それとも思い切り納豆の臭みを出して、ユーモアたっぷりになっているか。納豆は大粒よりも小粒かひき割りが使われていそう。いずれにしても、舌触りが特徴的なのは違いない。

あれこれ想像を巡らせている私の目に飛び込んできたのは、納豆。他の何ものでもありません。日常的に見慣れた納豆そのもの。ソフトクリームに練り込まれたり混ぜられたりしているのではなく、隣に添えられているのです。それも大粒のものがたっぷりと。

「あれ?色はいつもと同じ白だけど、いつもはホカホカ温かいのに今日はひんやり冷たい。いつもは粒々なのに、今日はヤケになめらかだ。」納豆のそんな声まで聞こえてきそうです。

初めてその光景を目にし、これから食べようとしている人は納豆以上に戸惑うことでしょう。一体これはどうすればいいのだろうかと。どうするもこうするも、ただ黙って混ぜるだけ。

そうすると、なんと驚いたことでしょう!想像を遥かに超えた伸びの良さ。まるでトルコアイスのようです。納豆そのものを混ぜるんだから、味も納豆そのものだと思うでしょう。ところが食べればキャラメル風味。

嘘だと思うなら、一度食べてみてください。これ、かなりハマります。

人気の和風ドーナッツ

最近は、ドーナッツにも和風が増えていますね。みんなが食べてみたい!という和風ドーナッツを、私が好きな順に並べてみました。皆さんはどうですか?

<食べてみたい和風ドーナツ マイランキング>
※()内は元のランキングの順番です。

1位 しょうゆ味ドーナッツ(9位)

味付けされた具が中に入っているドーナッツは珍しくないし、何度も食べたことがあります。でも、生地自体がしょうゆの味がするドーナッツは、今まで出会ったことがない!しょうゆスイーツにハマった一人でもあるので、とても気になります♪

2位 みたらしドーナッツ(6位)

みたらし団子はもちろん、みたらし風に仕上げられたものは何でも好き。砂糖としょうゆの甘辛さは、ドーナッツにも合いそうですね(^^)

3位 きなこドーナッツ(1位)

きなこがダントツ1位!…と最初は思ったのですが、美味しいことはまず間違いないでしょう。珍しいものが大好きな私はしょうゆ味やみたらしの方に惹かれ、無難だと思われるきなこはこの順位。

4位 白玉ドーナッツ(5位)

白玉は好きじゃないのですが、ドーナッツと言われると、食感がとても気になる!おそらく生地に、白玉粉が練りこまれているのでしょう。どんなもっちり感を楽しめるのか興味津々です。

5位 紫いもドーナッツ(3位)

紫いもの風味いっぱいのドーナッツが、美味しくないわけないですよね。見た目もキレイな紫色でオシャレそう♪

6位 あずきドーナッツ(8位)

餡子入りのドーナッツは定番ですが、小豆となるとあまり無い?どうせなら、たっぷり入れてどっしりしたドーナッツに仕上げてほしい!その分、カロリーもとっても高くなりそうですが…。

7位 黒糖ドーナッツ(4位)

黒糖ドーナッツは大好きです♪新しいもの好きの私も、黒糖の素朴な甘さには癒されます(*^_^*)

8位 栗ドーナツ(7位)

刻んだ栗に加え、生地には栗ペーストが練りこまれているとさらに嬉しい♪秋には大人気になりそうですね。

9位 蒸しドーナツ(10位)

蒸しパンがドーナッツの形をしているだけじゃないということを、自分の口で確かめたい…。

10位 抹茶ドーナツ(2位)

順位の高さから抹茶が好きな人の多さがわかります。私は抹茶が苦手です…。

蜜たっぷりで甘さいっぱい

りんごが大好きな私はりんごなら何でも好きです♪その中でも、甘味の中にも適度な酸味もあると嬉しくなります(^^)周りには、りんごは好きでも酸味があるものは得手じゃないという人も少なくありません。

酸味が少ない品種だと『ひろさきふじ』や『つがる』がオススメ♪ひろさきふじの収穫はふじよりも早く、9月下旬。果汁をたっぷり含んでいて、とっても甘いふじりんごです。シャキシャキと歯ざわりの良いふじよりも少し柔らかく、酸味も低いので食べやすいですよ(^^)

日本で最も生産量が多いのはふじ、二番目がつがるです。つがるは色は薄くても甘味が濃い♪収穫はひろさきふじよりも早く、9月上旬から始まります。りんごシーズンに突入する頃から大人気!シーズン終盤になると果実が柔らかくなるので、幅広い年代に好まれています(^^)

さらに早い時期から出回るりんごもあります。それが『祝』という青りんごで、「夏の青りんご」とも呼ばれているんですよ。皇太子ご成婚が、おめでたい名前の由来になっているようです。祝も甘味が強い品種で、成熟する前でも美味しいです♪

蜜がたっぷり入ったりんごには『北斗』、『レッドゴールド』、『こうみつ』、『ぐんま名月』、『新世界』、『あかぎ』などがあります。

北斗は甘味が強くてジューシーなのに、見た目があまり良くないと言われているんですよね…。それでも品質は全然悪くないのに、もったいないなぁと思います。

レッドゴールドは少し小さめで真っ赤なりんごで、栽培は主に北海道。割ると蜜が入っていて、濃厚な味を楽しめます(^^)ただ、あまり長持ちしないのがちょっと難点かな?

黄色いぐんま名月は、まろやかな甘味が女性に好評♪

新世界も味が濃いことから、群馬県で高い人気を誇っているようです。

個性的だといわれているこうみつは、パイナップルに似た味がするんだとか。まだ出会ったことがないので、一度食べてみたいです(^^)

甘味が強い品種はまだまだたくさんあります。酸味が苦手な人も、好みのりんごを探してみてくださいね。

どちらのカキがおいしいか

今は全然好きになれないものでも、もう少し年を重ねたらおいしく感じられるようになるでしょうか。おばあちゃんはいつも干し柿をおいしそうに食べます。柔らかくて食べやすいんだそうです。

お店で干し柿を見かけると、おばあちゃんのために買ってあげます。喜ぶおばあちゃんの顔を見ると、私の顔まで緩んでしまいます。こどもの頃はおやつを買ってもらうばかりだったけど、今はこうして自分もおばあちゃんの好きなものを買ってあげられることがとても嬉しいです(^^)

おばあちゃんは、「お前も食べるかい?」と言って、私に差し出してくれます。それを私は今の今まで、一度も受け取ったことはありません。果物の柿なら、喜んで貰うでしょう。甘くてとろけるような果肉を、喜んで頬張るでしょう。でも干されてしまったら一転、私にとって苦手なものに早代わり…。どうしても、干された柿は好きになれないんです。

佐賀県には、干し柿ソフトクリームがあるといいます。干し柿が嫌いな私なので、最初は魅力を感じませんでした。刻まれた干し柿が入っているのかと思ったら、色自体が干し柿ではないですか。どんな風に干し柿が使われているのか、ちょっと気になります。

同じカキでも、岡山県で食べられるのはカキフライソフトクリーム。干し柿よりも、さらに想像がつきません。カキフライはペースト状にされて練りこまれているの?それとも刻んだカキフライ入り?

興味津々でその姿を見てみると、私の予想はどちらも外れていました。コーンに巻かれたバニラソフトに、そのまんまのカキフライが添えられているのです。おまけにご丁寧にも、仕上げには刺身しょうゆまでかけてくれるんですって。

これはさすがに抵抗がある?いえいえ、ぜひ食べてみたい。でも冷たいものと油ものを一緒に食べると、お腹を壊してしまいそう。できればカキフライは抜き、刺身しょうゆのみでソフトクリームを食べたいな。

フラワースイーツ

お花は見て楽しむもの、それか育てて楽しむものだと思っていました。絵に描いたり写真に撮ったりする人もいるでしょう。キレイに咲いたお花の楽しみ方は人それぞれですが、味わって楽しむこともあるとは思いもよりませんでした。

ラベンダーソフトは、比較的想像つきやすいです。地元のラベンダーが有名だからか、ラベンダーの香りがするソフトクリームがあると知っても驚きませんでした。それと同時に、食べたいとも思えませんでした。ラベンダーに罪はないのですが、紫色のお花が放つ強烈な香りはどうも好きになれないので…。

全く味がわからないのは、あじさいソフトです。あじさいといえば、梅雨の季節に咲くイメージ。見ればキレイだと思うけど、食べてもおいしいものなのか?あじさいソフトは全国数ヵ所にあるようですが、私が調べた限りでは本物のあじさいが使われているものはありませんでした。

宮城県にある「喜久水庵」と鎌倉にある「いも吉館」は抹茶と紫いも、東京都日野市にある「不動せんべい開運堂」はブルーベリー味。それぞれ色合いがあじさい似ているソフトクリームでした。

チューリップソフトも同じように、見た目がチューリップに似ているのだろうと想像できます。そしたら、やっぱりその通り。紫とピンクの中間のような色がとてもキレイ(^^)ソフトクリームを巻く人が上手なら、形もチューリップに見えてきます。

…と思ったらなんと!正真正銘、チューリップを使ったソフトクリームがあると発覚。フローラルな味わいで、ほのかにチューリップが香るんだとか。

ひまわりソフトというのも、全国各所にあります。私が実際に見たことあるのは、ひまわりの里として有名な北海道北竜町のひまわりソフト。北竜町のひまわりソフトはひまわりエキス入りなのですが、そんなにクセがなくておいしいですよ(^^)

グルメなソフト

全国各地でいろんなグルメがソフトクリームになっています。

たとえば、そばソフトならぬ『そば粉ソフト』。そば粉を使っていますと言わんばかりのネーミング。そばソフトでいいような気もしますが、命名した人はとても正直なのですね。

そばの味がするソフトクリームは、絶対おいしい。食べたことはありませんが、確信できます。なぜなら、そば蒸しパンがとてもおいしかったから。甘さの中でふわっとそばが香るソフトクリーム、ぜひ食べてみたいです。

ソフトクリームに具が入っていると邪魔になりかねませんが、アイスクリームやジェラードなら小豆の粒や餡子が入っていてもおいしそう!

辛党の方が好きかもしれない『カレーソフト』もあります。しょっぱさは、甘味を引き立てる役割を果たします。野沢菜ソフトは野沢菜の味はほとんどしないけれど、程よくきいた塩気が良いという人が多数。甘さとしょっぱさが融合した伯方の塩ソフトにも、ハマる人が続出しています。

では、辛さとなるとどうなのか?本来なら甘いスイーツに、辛さは馴染むものなのでしょうか。イマイチ馴染まないとしても、良いアクセントとして活躍してくれるものなのでしょうか。

私は『カレーライスソフト』の登場も待っています。カレーの味がするだけじゃなく、ご飯の粒が練りこまれていたらおもしろい。

シメはヤッパリこれ。『お茶漬けソフト』です。日本人なら誰でも知っているだろうお茶漬けですが、そのソフトクリームの味を想像できる人は、あまり多くはないでしょう。

でもこのお茶漬けソフト、お茶漬けの味がするものではないみたい。煎茶とお米が練り込まれているんですって。それも確かにお茶漬けですもんね。

お茶漬けの粉をバニラアイスに混ぜこんでみようか…なんて考えてしまいました。お茶漬けのしょっぱさはバニラの甘さと調和するような気がしませんか?私だけ?