You are currently browsing the あいまいな季節 blog archives for 6月, 2012


諦めなければ成功する

ちゃんぽんって…、あのちゃんぽん?長崎県で有名な?またいつもの私の早とちりではないかと思い、何度も聞き返してしまいました。何度聞いても、間違いありません。ちゃんぽんバーガーがあるというのです。

姿かたちを想像できないちゃんぽんバーガーを食べられるのは、やっぱり長崎県でした。麺料理のちゃんぽんをバンズで挟むなんて、困難を極めそうです。何とか挟むことはできても、ハンバーガーのように手で持ってかぶりつくことは、まずできないでしょう。果たしてどんな形でちゃんぽんがハンバーガーになっているのでしょうか?

その作り方を聞いて、納得しました。よく考えれば、ちゃんぽんがそのままバンズで挟まれるわけがないですもんね。衣をつけて揚げられ、コロッケにされたちゃんぽんがハンバーガーになっていました。具は、イカ・えび・キャベツ・もやしなどで目にも鮮やか。もちろん、ちゃんぽんの麺もちゃんと入っています。

ちゃんぽんをコロッケにするのは、容易なことではありません。とろみをつけたちゃんぽんにパン粉をつけて揚げ油に入れると、衣がパンク。他にも失敗が続いたようです。でも、それで諦めるハンバーガーショップではなかったのですね。試行錯誤を繰り返し、やっとちゃんぽんバーガーの誕生が叶ったようです。

成功までに作った試作品の数は、100個にも上るんだとか。よく途中で挫折しなかったものだと、尊敬してしまいます。ちゃんぽんをコロッケにしてバンズで挟むのは無理だと、他のメニューに心移りをしてしまってもおかしくありませんもの。

バンズにはちゃんぽんコロッケの他に、たっぷりの千切りキャベツと特製マヨネーズソースが挟まっているようですよ。長崎名物・ちゃんぽんの新しい形に、ゼヒお目にかかってみたいです。

ライスの次はラーメン

長崎名物の一つ・ちゃんぽん。それがハンバーガーになったと聞いたときは、にわかには信じられませんでした。麺料理のちゃんぽんがバンズに挟まっている姿なんて、どんなに頑張っても想像できません。

ちゃんぽんバーガーは食べてみたいですが、さすがにそのためだけに長崎県を訪れることはできません。その姿を確かめるべく写真を見てみると、一見何の変哲もないハンバーガー。それがなんと、コロッケの中から出てきたのはちゃんぽん!

ちゃんぽんに衣をつけて揚げられ、コロッケにされたものがバンズに挟まれていたのです。とてもじゃないですが、誰でも思いつくアイディアではないですよね。さすが、長崎県のハンバーガーショップです。

麺料理がハンバーガーになっているなんてちゃんぽんバーガーくらいだと思ったら、他にもまだありました。今度はラーメンです。といっても、こちらはラーメンが挟まっているのではなく、ラーメンに挟められているのです。

今ではハンバーガーといってもパンだけじゃなく、ご飯を使った「ライスバーガー」もありますね。喜多方ラーメンを使ったハンバーガー、その名も喜多方ラーメンバーガーもそれと同じ作り方。バンズにラーメンが挟まっているのではなく、固めたラーメンにメンマやチャーシューなどが挟まっていました。

味はとんこつ・しょうゆ・塩の三種があり、これらはスープじゃなくソースという形で使われているようですよ。一番人気はとんこつなんだとか(^^)

他でもラーメンバーガーは作られているみたいですが、喜多方ラーメンバーガーを食べられるのは喜多方だけ。味は他と全く比べものにならないといいます。麺に使う粉から挟める具、そしてもちろんスープの味にまで全てこだわりがあるようです。

ラーメンバーガーを作るには多大な手間がかかるというのに、350円という値段にも驚きです。

素材は何でしょう

ご当地バーガーには、地元の特産物や名物が生かされています。見たことも食べたこともないものでも、名前を聞けばどんなハンバーガーなのかわかるものもありますね。

牛タンバーガー、ほたてバーガー、亀岡牛チーズバーガー、くじら竜田バーガー、まぐろメンチバーガー、ふぐバーガーなどなど…。使われている素材がそのまま名前に付けられているものは、誰にでもわかりやすく覚えやすいです。

ちゃんぽんバーガーやラーメンバーガー、たこ焼きバーガーなど、何が使われているのかはわかっても姿かたちが思い浮かばないものも。それぞれの料理がどんな風にアレンジされているのか、興味をそそられます。

そしてご当地バーガーの中には名前を聞いただけだと、どんなハンバーガーなのか全く想像がつかないものもたくさんあります。たとえば、堺バーガー。大阪の堺市で食べられるんだろうなということはわかりますが、名前だけではどんな素材が使われているのかイメージがわきません。

堺バーガーのことを知って、ちょっと驚きました。なんと意外にも、パテがダチョウ肉で作られたハンバーガーなのですね。しかもダチョウ肉100%!他のお肉が混ぜられてないばかりじゃなく、つなぎも一切使用していないというのだから、紛れもなく完全ダチョウ肉パテ。

馴染みがないだけに、ダチョウ肉のパテはどんな味がするのか気になります。食べたことがある人によると、とてもジューシーで肉汁があふれ出すんだとか。噛む必要がないほど柔らかく、口に入れたらすぐにホロホロと崩れてしまうんだそうですよ。

ダチョウ肉は高たんぱく・低カロリー、その上鉄分が豊富だというので、女性は積極的に食べたいところ。クセや臭みがないようなので、食べやすそうですね(^^)

白エビとイカ踊り

エビを使ったハンバーガーなら珍しくありません。でも、白エビバーガーというとどうでしょう。白エビという名前さえ、あまり聞いたことがありません。他では見たことがない白エビバーガーを食べられるのは、富山県にある道の駅・カモンパーク新湊です。

ご当地バーガーにはちょっとお高いイメージがありましたが、300円というお手頃価格も魅力です♪それでいてボリュームはたっぷり。小さめサイズを思い描いていたら、意外と大きくて驚きました。実際に白エビバーガーを食べた人も、意外な大きさにビックリしているようですよ。

バンズには、サクサクの白エビのかき揚げ・お手製のタルタルソース、そして野菜がたっぷり挟まれているんだとか。具はその場でバンズに挟んでくれるというので、出来立ての美味しさを味わえそうですね(^^)

白エビとは、体長6cmほどのとても小さなエビなんだそうです。その白エビが大量に獲れるのは、世界中で富山湾だけなんですって!日本一だけでも大したものだと思うのに、世界一とは頭が下がります。かき揚げ以外では、生のままでもすり身にしてもとても美味しいというので、一度新鮮な白エビを食べてみたいです(^^)

地元で獲れる魚介を使ったハンバーガーは、北海道函館市でも食べることができますよ。函館で食べられるのは、イカ踊りバーガー。その名の通り、食べれば本当にイカの旨味が口の中で踊り出す!揚げたて熱々の衣に、イカの旨味がたっぷり染み出す…。

それもそのはずです。バンズには、獲れたばかりの新鮮なイカを揚げたフライが挟まれているんですから。いつでも食べられるわけじゃなく期間限定だというのがちょっと残念ですが、だからこそレア度は高いですね。イカ好きにはたまりません♪

鹿・鯨・馬、そしてダチョウ。

今では全国各地でいろんな動物のお肉がミンチやフライにされ、バンズでサンドされています。京都府亀岡市では亀岡牛バーガー、長崎県平戸市では平戸和牛バーガー。ブランドは違っても、牛のお肉には昔から馴染みがありますね。ご当地バーガーには、普段はあまり口にすることのないお肉が使われているものもいろいろあるんですよ。

北海道の北の方に行けば、高確率で野生のエゾシカと出会えます。昔よりもエゾシカの数が増えた今では、山道を走っていて一頭も見かけない方が珍しいかもしれません。

そして北海道釧路市阿寒町では、エゾシカバーガーを食べることができます。高たんぱくで低脂肪、さらにはコレステロールも低いエゾシカのお肉は、ヘルシー志向の方にも喜ばれていますよ(^^)

昔は学校給食の定番メニューだったくじらの竜田揚げも、今はハンバーガーになる時代。結構な値段がするくじら肉ですが、山口県下関市ではお手頃価格でくじら竜田バーガーを食べることができます。くじらの町とも呼ばれている下関市には、ハンバーガーの他にもいろんなくじら肉料理を楽しむことができるんですよね(^^)

熊本県には馬肉バーガーがあります。馬刺しが好きな人は多いと思いますが、ハンバーガーになった馬のお肉も味わってみては?馬刺しとはまた違った美味しさにハマるかもしれませんよ♪私の知人は九州旅行をして以来、すっかり馬肉のファンになってしまいました(^^;

私が注目しているのは、神奈川県相模原市のご当地バーガー。ダチョウバーガーですって!ダチョウ肉があることは知っていましたが、まだ食べたことがないのでとても気になります。私はお肉の中だと鶏肉が一番好きなので、ダチョウ肉も気に入りそうな予感がします(^^)

エゾシカ・くじら・馬・ダチョウ。あなたはどのお肉がお好みですか?

別れ時だとは言えません

「一緒にいても携帯ばかりいじっているんだ…」「何でもいいとしか言ってくれない…」
そんなことを悲しそうに話すのは、今の彼女と付き合い始めて1年半ほどになる男友達です。

2人が付き合い始めたのは、彼女からの告白がきっかけでした。最初は男友達の彼女に対する思いより、彼女の男友達に対する思いの方が大きかったんですよね。そんなに彼女に好きになってもらって幸せなヤツだなぁ…と、しみじみ感じていたものでした。

でもいつの間にやら、立場は逆転。恋人の気持ちを量りにかけることは好ましくないかもしれませんが、どちらかといえば男友達の方が彼女に夢中になっているような気がします。

そんな男友達の悩みは、せっかく一緒にいても彼女がずっと携帯をいじっていること。話をしていても上の空で、彼女の視線は彼氏じゃなく携帯の画面に釘付けなんですって。それを黙ってみている男友達も情けない。私は言ってやりました。彼女に携帯ばかりいじるなと、ガツンと言えばいいじゃないかと。

相手がいるのに、携帯ばかりをいじっているなんて常識外れ。それは彼氏彼女に限らずどんな関係であるにせよ、失礼な話です。相手の存在を無視しているも同然です。大切な内容ならしかたないですが、そうじゃないのなら失礼以外の何ものでもありません。

「何でもいいとしか言ってくれない」というのは、デートの場所や食事のことなど。「どこに行きたい?」「何を食べたい?」「何をしたい?」どんな質問にも彼女の答えは「何でもいい」なんですって。

それなら男友達が決めちゃえばいいと思いきや、そうもいかない様子です。何でもいいと答えておきながら、男友達が提案したことに二つ返事をすることは、まず無いようで…。要するに、ワガママということでしょうか。

リーズナブルなふぐ

大きな期待のもと、大きな口を開け、大きくかぶりついた友達。次の瞬間、大きく感動!…したとは言いませんでしたが、ちょっとした笑みはこぼれてしまったようです(^^)その場所は、山口県下関市。そして友達が豪快にかぶりついたものは、ふぐバーガーです。

ふぐバーガーなんてどんなに美味しいものだろうと、かなり楽しみにしていたみたいですね。サクサクのフライにされたふぐから溢れ出す甘み。その美味しさは、他の白身魚とは一線を画していると感じたようですよ。高級魚のふぐは、フライにしてもふぐ。やっぱり上級な味がするんですね。

サクサクのふぐフライもさることながら、タルタルソースの味も気に入ったみたいです。バンズに挟まれているのはふぐフライとタルタルソース、そしてキャベツととてもシンプル。だからこそ、ふぐの甘みを何にも邪魔されることなく、存分に堪能できるのかもしれません。

高級魚のふぐが使われているのだから、お値段も結構なものだと想像します。千円ほどしてもしかたないと覚悟していたようです。ところが実際は、覚悟していた額の1/3ほどの350円!高級なふぐを、こんなにお安く味わえてしまっていいのでしょうか…。

お肉も好きですがどちらかといえばお魚派の私は、数あるご当地バーガーも魚介を使ったものに惹かれます♪ふぐバーガーの他には、静岡県富士宮市の鱒バーガーが気になるところ。富士宮のB級グルメでは、焼きそばが有名ですね。この鱒バーガーも、B級グルメの一つです。

富士宮焼きそばが大人気である一方、鱒バーガーには少々厳しい意見が多いかも…?といっても決して味が悪いわけじゃなく、町おこしを狙うにしては印象に欠けるようですね。でも変なクセがない分、誰にでも好まれそうだと言われています(^^)

どの県でどのイチゴが収穫される?

長い間、私はイチゴを嫌う人がいるとは知りませんでした。イチゴが人気の果物であることも確かですが、中には食べられないという人もいるんですね。私の周りにも聞いてみたら何人かいました、イチゴはあまり得意じゃないという人。

イチゴのショートケーキを食べるときはどうするの?と尋ねたら、「ケーキは食べなくても生きていける」ですって。かわいくないなぁ(笑)

日本でイチゴの収穫量が多い県と、それぞれの県で収穫される品種を調べてみました。

イチゴの収穫量トップは、イチゴの名前にもなっている栃木県。名前を聞いてもわかるように、「とちひめ」や「とちおとめ」などが栃木県で収穫されているイチゴです。とちおとめは、作付面積が一番多いみたいですよ。

2位は福岡県で、「とよのか」や「さちのか」、作付面積が三番目に多い「あまおう」などが収穫されます。ちなみにあまおうの名前の由来は、「甘い」「丸い」「大きい」「美味い」なんですって。覚えやすいですね(^^)

3位が熊本県で、オリジナル品種には「ひのしずく」があります。他にも「とよのか」が収穫されています。4位の長崎県でもとよのかは収穫されていて、長崎生まれの品種には「長崎さちのか」があります。

5位の静岡県では、「あきひめ」や「紅ほっぺ」など。静岡県のイチゴといえば、何といっても「ぴーちひめ」を見逃せません。名前は可愛らしくても、サイズは特大なんですよ。

あきひめは、愛知県のイチゴ園で最も多くイチゴ狩りを楽しめる品種でもあります。愛知で生まれた品種には「ゆめのか」がありますが、まだイチゴ狩りでは扱われていないようです。佐賀県生まれの品種なら「さがほのか」さがほのかは、日本で二番目に多く生産されている品種でもあります(^^)

甘味が強かったり適度な酸味があったり…。それぞれの「味」を楽しんでみたい!

よく考えれば合わないかも

今まで何の疑問も持たずに食べてたおかずの中に、ご飯と合わないんじゃないかと言われているものもあることがわかりました。改めて考えてみると、言われてみれば合わないかもしれないというものもいくつか…。

『酢の物』とご飯の相性を疑問視する人もいます。私は合うと思いますよ(^^)酢の物の甘酸っぱさは、白いご飯を進ませます♪

『ポテトサラダ』は白いご飯のおかずにするより、パンと一緒に食べるのが好き。でも普通にご飯のおかずとしても食べますね。合うかどうかは別ですが…。

『おでん』がご飯と合わないという人がいると知ってビックリ。私はピッタリだと思います(^^)おでんのつゆをご飯にかけたり、ご飯と煮込んで雑炊にしたりしてもおいしい♪

甘辛く味つけした『うの花』なんて、疑問に感じる余地もなくご飯との相性抜群!うの花がご飯に合わないという人がいるのは、とても意外。うの花を白いご飯に乗せた「うの花丼」もオススメ。しっとり感にかけるうの花だと、パラパラこぼれて非常に食べにくいですが…。

『ウインナー』や『ソーセージ』は、確かにご飯に合わないかもしれません。どちらかといえば、おやつやおつまみのイメージがあります。でもお弁当のおかずには重宝するんですよね(^^)

『刺身』はご飯のおかずにもお酒の肴にも合うのでは?刺身はご飯に不釣合いだという人は、お寿司も嫌いなのかも?

『おひたし』は箸休めにぴったり◎野菜が大好きな私はおひたしもたくさん食べるので、箸休めにしては量が多いですが(^^;

何より驚いたのは『目玉焼き』や『玉子焼き』もご飯のおかずにならないという人がいること。私は目玉焼きをご飯に乗せて食べるのが大好きです。玉子焼きがご飯に合うか合わないかは、味つけにもよるかもしれませんね。確かに甘い玉子焼きはあまり合わないかもしれません。

冷めても離れてもいないのに

今、とても反省していることがあります。ここ最近忙しくて、彼氏にもあまりメールをしていませんでした。あまりというより、私からメールをすることは無くなっていたかもしれません。向こうからメールがくれば必ず返しますが、最後に私からメールを送ったのはいつだったか…。

付き合い始めたばかりの頃は、私も頻繁にメールをしていました。男の人の中にはメールが面倒だという人もいますが、彼氏はメールもマメなタイプ。私がメールを送らない日があっても、彼氏から来ない日は無かったかもしれません。でもそれも、付き合い始めてから数ヶ月の間だけ。最初は頻繁だったメールも、少しずつ回数が減ってきます。

でも決して気持ちが冷めてきたわけではなく、逆に安定してきたから。彼氏彼女の関係になったといえども、最初はやっぱりお互いの気持ちに不安があるもの。その不安を埋めるために頻繁にメールをし合うことで、安心していたような気がします。

確かに最初の頃に比べたら、メールの回数はだいぶ少なくなりました。でも私は全然意識していませんでした(^^; 忙しくて彼氏のことを考える余裕がなかったわけではありませんよ。メールもしようと思えば、そのくらいの時間はありました。

でも特に用件もなかったので、メールをしていなかっただけのこと。それが彼氏を不安にさせているとは、夢にも思いませんでした。私から全くメールが来ないことに、彼氏はとても不安になっていたようなんです。

私の気持ちが冷めてしまったんじゃないか?自分から離れつつあるんじゃないか?遠回しに「別れたい」と言われているんじゃないか…。そんなことを考えていたようです。全くそんな気はなかった私にとって、驚き以外の何ものでもありません。これからはちょっとした内容でも、メールを送るようにします(^^;