You are currently browsing the archives for the グルメ category


煮物に飽きたら今度はコレ!

切り干し大根の煮物を作りすぎたり、飽きてしまったりしたときはリメイクがオススメ。ちょっと目先を変えれば、また美味しく食べられますよ(^^)

切り干し大根の煮物をリメイクしようとするときは、卵が大活躍してくれます。

鍋に入ったままの煮物を煮汁ごと火にかけ、煮立ったら弱火にして溶き卵を回しいれる。卵が好みの固さになったところで火を止めれば、『切り干し大根の卵とじ』が完成です♪卵は、中央から外側に向けるように回しいれるといいですよ。

切り干し大根の煮物を鍋から出して煮汁をよく切り、ボウルに入れる。そこに溶き卵を入れてよく混ぜ、油を引いたフライパンで両面焼けば『切り干し大根の卵焼き』が出来上がります。丸くしたり円錐型のオムレツにしたり、形はお好みで。

形を上手く作れないときは、思い切って炒ってしまいましょう。そうすれば『切り干し大根入りスクランブルエッグ』になります。最初からスクランブルにするつもりなら、炒る前に切り干し大根を小さく切っておくといいですよ(^^)

煮汁を絞り小さく切った切り干し大根の煮物は『お焼き』にしてもおいしいです。ボウルに小麦粉を入れて様子を見ながら水を加え、耳たぶほどの固さに調節します。そこに下準備しておいた切り干し大根を入れ、油を熱したフライパンで焼けば完成。おやつにもピッタリです♪

鍋から取り出し、煮汁を切った切り干し大根をマヨネーズで和えれば『切り干し大根のサラダ』に早変わり!切り干し大根の煮物の量が少ないときはつぶしたじゃがいもに加え、同じくマヨネーズやマスタードを加えてよく混ぜれば『切り干し大根入りポテトサラダ』です。サラダにするときは、キュウリやコーンなどをプラスしたらおいしさアップ。

他にもアイディア次第で、アレンジの仕方は無限大です♪

切り干し大根の煮物を作る

鉄分、カルシウム、カリウム、ビタミンB1・B2、食物繊維などなど…。栄養をたっぷり含んだ切り干し大根は、ぜひ積極的に食べたいもの。

鉄分は貧血、カルシウムは歯や骨の強化、カリウムは高血圧予防、ビタミン類は美肌効果、食物繊維は便秘解消や肌トラブル改善に効果的です(^^)

切り干し大根の煮物はおふくろの味の一つ。今ではコンビニやスーパーのお惣菜売り場でも、定番となっていますね。お惣菜も手軽で便利ですが、手作りが一番美味しくて安心できるような気がします。

切り干し大根の煮物はとても簡単に作れますよ(^^)まだ作ったことがない人も、一度作ればすぐに覚えてしまうと思います。

<切り干し大根の煮物>

■材料(4人分)

切り干し大根 … 50g
人参 … 1/2本
油揚げ … 1枚
だし汁 … 300~500cc
しょうゆ … 大さじ2
みりん … 大さじ2
砂糖 … 大さじ1
酒 … 大さじ1
サラダ油 … 大さじ1

■手順

1.切り干し大根を水の中でもむように洗ってゴミなどを取り除き、たっぷりの新しい水に10~20分浸して戻す。水に浸しすぎると味が抜けてしまうので注意。水で戻した切り干し大根は、手でぎゅっとしぼって水気をよく切る。

2.油揚げは横半分に切り、8mm幅ほどの細切りにする。人参も油揚げと同じ大きさの細切りにする。

3.鍋にサラダ油を熱し、切り干し大根・人参・油揚げを入れてさっと炒める。

4.そこにだし汁・みりん・砂糖・酒を加える。煮立ったらアクを取り除き、弱めの中火で5分ほど煮る。

5.しょうゆを加え、煮汁が少なくなるまで弱火でコトコト煮る。

さやいんげんや椎茸を加えたり、油揚げを天ぷらカマボコやちくわなど他の練り製品に代えてもおいしいです(^^)味付けは好みで調節してくださいね。

どんな切り干し大根を選んでる?

昔、冬になると切り干し大根が欠かせない食材の一つになったと言います。生の大根を天日で干して乾燥させた切り干し大根には、栄養がぎっしり。さらに保存性も高いことから、新鮮な野菜が手に入りにくい冬には重宝がられていたようです。

切り干し大根が食卓に欠かせないのは、昔の話ではありません。栄養が詰まっていて長持ちする切り干し大根は、現代でも昔と変わらずありがたい食材です。

切り干し大根の値段は1袋30gが158円だったり1袋50gが198円だったり、ピンからキリまで。もっと安いものもあれば高いものもあります。我が家では、100gで98円の安価なものがほとんど。それでも香りや味には満足できるのだから、高級品ともなると全然違うのでしょうね。

しょっちゅう切り干し大根を使う私が重視するのは、質よりも量。できるだけ国産を選ぶようにしている以外には、さほどこだわりはありません。でも、切り干し大根ならどれも同じかと言えば、そうではありません。

質が良いかどうかを見極めるポイントは、色にあります。薄い黄色をしたものは良品で、漂白された白っぽいものはコクがないと言われています。青みのあるものは、青首大根で作られた切り干し大根。質に問題があるどころか、柔らかくて甘味があって美味しいですよ(^^)

また、シワがきちんと寄っていて、よく乾燥したものが美味しい切り干し大根の特徴に挙げられています。たまに煮込んでも固いものもありますが、見た目ではわからないようです(>_<)

袋の封を切る前なら、常温で長期保存ができます。その場合も、日が当らず涼しい場所に置くことをオススメします。封を開けた後は、チャック付の袋などに入れて冷蔵庫で保存しましょう。開封してから長く置くと、香りが飛んでしまう気がするので早いうちに使い切ってしまうといいですよ。

切り干し大根のいいところ

いつも「この香りは料理をする人の特権だ」と思いながら、切り干し大根の袋を開けます。自然の甘い香りがするんですよね(*^_^*)調理する前から食べたくなってしまうほど♪切り干し大根は香りがとてもいいだけじゃなく、体にも嬉しい栄養がたくさん含まれているんですよ。

生の大根を切り、天日で干して乾燥させたものが切り干し大根。日光をたっぷり浴びた大根は、甘味も栄養もたっぷり♪50gの切り干し大根を作るためには、500g~600gほどの生の大根が必要だと言います。それを聞いただけでも、切り干し大根にはどんなに栄養が凝縮されているかわかりますね。

単純に重量だけを見て考えれば、切り干し大根の栄養価は生の大根の10倍だと思えます。10倍でも大した数字なのに、実際はそれ以上だというのだから驚き!

それぞれ50g当たりの栄養成分を比べてみると…。

カルシウムは、生大根が12mg・切り干し大根が67mg。カルシウムは、骨や歯を作るために必須。他にも、骨や歯を丈夫にする・興奮や緊張を和らげる・血液凝固作用・動脈硬化や高血圧の予防に効果的です。

鉄分は、生大根が0.1mg・切り干し大根が1.2mg。これは鉄分を豊富に含むことで知られる鶏レバーの上をいく数字!鉄分不足になりやすい女性には、貧血や口内炎を予防するためにもオススメです。

カリウムは、生大根が115mg・切り干し大根が400mg。高血圧予防や腎臓にたまった老廃物の排出に役立ちます。

食物繊維は、生大根が0.75g・切り干し大根が2.6g。動脈硬化やガンの予防、便秘の解消、肌トラブルの改善に効果的!食物繊維はお腹の中で水分を吸収して膨らむので、その分満腹感を得やすくなります。ということで、ダイエットにもつながるといえます(^^)

ほんのり甘いお赤飯

赤飯に甘納豆を入れて炊くのは、北海道だけだと知ったときは驚きました。赤飯は小豆か、それとも甘納豆かがよく話題になるのは、全国共通だと思っていたんです。でも道外では甘納豆という選択肢はなく、小豆だけなのですね。

小豆入りの赤飯を見て「北海道の赤飯なのに甘納豆じゃないの?」と驚かれたことにも驚きました。どうやら北海道の赤飯が甘納豆入りだと知る人の中には、北海道の赤飯の全てが甘納豆だと思っている人が少なくないようです。

甘納豆入りの赤飯は、北海道ならではのものかもしれません。でも、北海道の赤飯が全て甘納豆だとは限りません。北海道の赤飯にだって、小豆が入っていることはあります。私の家では、もっぱら小豆。昔は甘納豆を入れて炊いたこともありますが、今では小豆だけです。

私はてっきり、北海道でも小豆派と甘納豆派は半々くらいだと思っていました。どちらかといえば、小豆の方が多いのでは?というのが私の予想でした。そんな私の予想は大外れ。なんと北海道の赤飯のほとんどが、甘納豆だというのです。甘納豆派は、小豆派よりも圧倒的に多いことが発覚。全道民の3/4は、甘納豆が入った甘い赤飯が好きなようです。

今でこそ自分の家では炊きませんが、私も甘納豆入りの赤飯は好きです。ほんのりとした甘さに癒されます(*^_^*)

私は赤飯好きなこどもだったので、昔はおやつとしても甘納豆入りの赤飯を食べていたことがあります。もちろんわざわざおやつのために赤飯が炊かれることなんてなく、炊いたものが家にあるときだけですが(^^;

甘納豆だけを拾って食べたり、甘納豆だけを最後に残しておいたり、赤飯よりも甘納豆がメインだったような気がします(笑)ここ最近は小豆入りの赤飯ばかりだったので、久しぶりに甘い赤飯が食べたくなってきました♪

ミネラルたっぷりのソフトはいかが

焼き海苔ソフトと初めて聞いたときは、ソフトタイプのふりかけかと思いました。焼き海苔入りのふりかけなんておいしそう♪白いご飯にぴったりなのは、食べる前からわかります(^^)

ふりかけは傷むことがなく長期保存ができるので、ストックしておけば何もないときにとても便利。ソフトタイプは通常のふりかけほど日持ちしませんが、それでも慌てて食べる必要はありません。

ふりかけだと思い込んでいただけに、焼き海苔ソフトと呼ばれるものを実際に見たときは驚きました。焼き海苔ソフトとはふりかけじゃなく、ソフトクリームのことだったのです。

コーンに巻かれたソフトクリームの中で目立つ黒い粒。それこそが、焼き海苔。焼き海苔はただのバニラソフトにまぶしただけではなく、ソフトクリーム自体にも練り込まれているんだとか。

焼き海苔ソフトに対しては、賛否両論ある模様。賛成派の意見は、「海苔の香りが豊かでおいしい」「ふわっと香る磯の風味がクセになる」とのこと。「青臭い」「ご飯との相性は抜群でも、海苔とソフトクリームは合わない」というのは、反対派の意見。私は食べたことがないですが、賛成派じゃないかと予想しています♪

焼き海苔ソフトを食べられるのは、熊本県宇戸市にある道の駅・宇土マリーナです。熊本県に行くことがあったら、ご賞味あれ(^^)

山口県下関市には、わかめソフトというものがありました。こちらのソフトはわかめ色。見るからに、ただのソフトクリームじゃないことがわかります。そしてわかめの風味は、ほんのり程度じゃないだろうと予想できます。

細かく刻んだわかめまで混ぜ込まれているようですよ。かすかに塩気があり、さっぱりしていておいしいと好評です(^^)ミネラル豊富で体にも良さそうですね。

女性の味方!切り干し大根

昔の日本では、冬になると切り干し大根が欠かせなかったようです。冬の間は新鮮な野菜が手に入りにくく、栄養不足になる人が多かったといいます。そんなとき、栄養がつまった切り干し大根は大きな助っ人となったということですね。

それは今でも同じこと。切り干し大根に凝縮された栄養は、私たちの体が喜ぶ効果をたくさん与えてくれます。特に、女性が悩まされがちな体調不良に役立つ効果が多くあります。

たとえば、貧血。貧血の大きな原因は鉄分不足。切り干し大根に含まれる鉄分は生の大根の10倍にもなり、鶏レバーよりも多いほどなんです。

便秘は女性が抱える悩みの代表格ともいえますね。食物繊維を豊富に含む切り干し大根は、便秘解消にもオススメ。腸内の老廃物が排出されれば、大腸がん予防や肌トラブル改善にもつながります。

腸内にたまった老廃物は、ダイエットの妨げにも…。食物繊維はお腹の中で水分を含むと膨らみ、満腹感を得やすくなるのでダイエットにもぴったりです(^^)

また、女性に嬉しいものとしては、代謝促進効果もあります。切り干し大根には、代謝を促進させるビタミンB1・B2も豊富に含まれていますよ。さらには保湿作用もあり、冷え性の改善にも効果的だと言われています。

切り干し大根にはカリウムも多く含まれており、高血圧予防や腎臓の老廃物排出効果も期待できます。

大腸がんや高血圧の他にも、動脈硬化や高血圧の予防にも役立ちます。また、緊張状態を和らげたり血液を凝固させたりする作用もあると言われています。これらは、豊富に含まれるカルシウムによる効果。カルシウムは丈夫な骨や歯を作るために欠かせない栄養素でもあるので、こどもやお年寄りも積極的に摂取したいところですね(^^)

切り干し大根には弱った肝臓や胃腸を回復させる作用もあるので、二日酔いのときにもオススメです。

カロリー表示が嬉しいお店

北海道にお住まいの方なら、一度は壷屋総本店のお菓子やケーキを食べたことがあるのではないでしょうか?大型デパートなどにもテナントとして入っているので、見かけるとついつい立ち寄ってしまいます。そして、ついつい買ってしまいます…。

私が嬉しいと思うのは、一つ一つの商品にカロリーが表示されていること。パッケージには記載されていませんが、お店の商品紹介の中にカロリー表示があるんです。

壷屋総本店のホームページには商品1個当たりのカロリーと一緒に、商品1個の重量と100g当たりのカロリーも掲載されています。ダイエット中の方など、カロリーを気にする人には本当にありがたいことだと思います(^^)

私が一番好きな「あさひかわ生まれのお米でつくったケーキです」は、1個45gで147kcal。お米の効果でもちもちとした弾力がありつつ歯切れが良く、1個でも食べごたえあります。でもとても美味しいので、1個以上食べたくなります(笑)

私が大好きなかぼちゃを使った「かぼちゃ鍋」は1,175kcal。カロリーだけを見ると飛び跳ねますが、1個405gもあるビッグサイズです(笑)

ビッグなお菓子では「ゴールデンアップルカムイ」もあり、こちらは480gで1,618kcalとなってます。カロリーはかぼちゃ鍋以上だけど、重さもこちらの方がありますね。

普通サイズの「アントメリーバームクーヘン」は、1個34gが150kcal。他のアントメリーシーズは、「あずき」が1個34g152kcal・「バニラ」が1個33g149kcal。「フィナンシェ」はオレンジが1個36g163kcalで、ショコラが1個35g161kcalです。

ナッツたっぷりで見るからにカロリーが高そうな「アマンディーヌ」は、1個47g297kcalと、やっぱり高カロリー(^^; よく味わって食べましょう…。

こんな風にカロリーがわかれば、食べるときの目安にできて便利です。

モロヘイヤソフトクリーム

北海道には納豆ソフトがあると知って驚き…ソフトクリームの横に堂々と納豆が居座る姿を見て驚き…混ぜたときのとてつもない伸びの良さに驚き…食べればキャラメルのような味わいに驚き…他にはない独特の舌触りと風味にハマりました。

粘りが出るまで包丁で細かく叩いて納豆に入れ、さらによく混ぜて粘りを出して食べるとおいしい野菜・モロヘイヤ。モロヘイヤソフトクリームがあっても良さそうだと思ったら、やっぱりありました。それも一ヶ所だけじゃなく、数ヶ所に。

岐阜県にある道の駅・美並には、モロヘイヤの粉末が混ぜ込まれたソフトクリームを食べられます。抹茶に似た香りがし、甘さ控えめでさっぱり。モロヘイヤ独特の青臭さはなく、口当たりは良いようです。それなら本物のモロヘイヤが苦手な人でも食べられそうですね。

宮城県にある道の駅・おおさとにも、モロヘイヤソフトクリームがあります。こちらもモロヘイヤよりもバニラ感が強く、おいしく食べられると好評です。ここにはソフトクリームだけじゃなく、煎餅・おかき・饅頭などの和菓子、モロヘイヤ入りのうどんやラーメンなども売られていますよ。モロヘイヤ三昧ですね。

福井県の朝日町ふるさと特産加工場のモロヘイヤソフトクリームは、最初のひと口でモロヘイヤらしさを感じる人もいるようです。だけど嫌な味ではなく、食べているうちに慣れてくるんだとか。

ここにはかぼちゃソフトもあるようなので、かぼちゃが大好きな私はそっちも気になります(^^ゞ 私のようにどっちも食べたいという人には嬉しいことに、モロヘイヤソフトとかぼちゃソフトのミックスもあるようですよ。味が混ざってよくわからなくなるので、別々に食べた方がいいという声もありますが…。

各地にあるモロヘイヤソフトの中で、一番モロヘイヤらしいのはどれなのでしょうね?

妹・さくら

テレビの中に入りたいと思ってしまいました。プレミアムとされる「ももいちご」を、タレントの方がおいしそうに頬張っているんですもん(>_<)滴り落ちそうな果汁と一緒に広がる甘味…。画面の中からでも、ももいちごのおいしさが伝わってくるようでした。

ももいちごが入手困難な理由は栽培が困難だから。徹底した管理が必要で、栽培できる地域も農家もごくごく限られた範囲。それは味を守り続けるには、しかたがないことのようです。

ももいちごのことでも驚きの連続だったのに、それを上回るイチゴが登場しました。その名も「さくらももいちご」この品種は、ももいちごと同じ方法で栽培されているんですって。

ももいちごの糖度は、15.5度が平均!先端部では17度になるというのだから、信じられません。あのももいちごでさえ、先端部の糖度は14度でした。ももいちごほどではないものの、果肉は適度な柔らかさ。もちろん甘味が強いことは、言うまでもありません。

実はさくらももいちごは、偶然が生み出したイチゴのようですよ。ももいちごの特徴は、その名の通り桃に似た形。少し先がとがったイチゴは訳ありとされて、市場に出回ることはなかったようです。

それがある日食べてみると、想像を超える美味さに驚き!これはももいちご以上なのでは?ということで、改良が始まったと言われています。

現在、ももいちごの栽培が許されているのは、たった36軒の農家。それだけでも少ないと思っていたのに、さくらももいちごはわずか6軒…!これから増えるかもしれませんが、今はまだ本格的にさくらももいちごを収穫している農家は、6軒だけのようです。

ももいちごは栽培の難しさから、これからもプレミアムであり続けるだろうと言われています。ももいちごの妹分・さくらももいちごも同じなのでしょうか…。