You are currently browsing the archives for the ファッション category


厚化粧になってない?

この間、マンガの中から飛び出してきたんじゃないかと思う女性を見かけました。あまりにも口紅が濃すぎるんです。今ではマンガにも、あれほど厚く口紅を塗った人は登場しないのではないでしょうか…。鏡を見ず、勘で塗ったのではないかとさえ思えました。それも色まで濃いものを使っているのだから、救いようがありません。

ゴテゴテの唇にしないといけない理由が、何かあったのでしょうか。口紅を塗ることで、何かを隠していたのかもしれません。

上手に使えば、周りの目を惹きつける唇を演出してくれるグロス。それも塗りすぎると、まるで油物を食べた後のような唇になってしまいます。テカリすぎは禁物です。

アイラインの使い方ひとつでも、厚化粧のイメージを与えてしまう可能性があります。アイラインでばっちり目を囲んでいたり、くっきりと太いラインを描いていたりする人にも、厚化粧だという印象を受けます。

一重や奥二重、小ささなど、アイラインは目のコンプレックスを隠すのに大活躍。でも、程度と言うものがあります。あまりにもくっきりハッキリとさせてしまっては、不自然で逆に格好悪くなってしまうような気がします。

目元でいうと、色が派手すぎるアイシャドウもどうかと…。似合っていればいいのですが、見るからにやりすぎの人もいるんですよね(^^;

たまに見るのは、まつげにボリュームを出すことに一生懸命になりすぎている人。濃いまつげ・長いまつげ・量の多いまつげなど、人によって理想のまつげはいろいろあると思います。でも、太いまつげはあまり格好いいものとは思えません…。パサパサにしたかったはずがダマダマのまつげになっている人を見ると、とても残念に思います。

上手にすれば、魅力ある顔立ちを演出してくれるメイク。でもひとつ間違えば、魅力を激減させてしまうことにも…。