You are currently browsing the archives for the 健康と医療 category


桃に含まれる栄養たち

人気の果物ナンバーワンの桃。甘くてとろけるような食感には、いつも幸せにさせられます(*^_^*)桃が甘くておいしいことは言うまでもありませんが、どんな栄養が含まれている果物なのか知っていますか?

食物繊維には不溶性と水溶性があるうち、桃に含まれているのは水に溶ける水溶性食物繊維。桃には、メロンの約3倍・パイナップルの約6倍の食物繊維が含まれると言われています。

食物繊維には整腸作用があり、腸の中をキレイにしてくれます。腸にたまった老廃物が排出されると、大腸がん・心臓病・高血圧などの生活習慣病の予防や肌トラブル解消を期待できます。便秘で悩んでいる方にもオススメです(^^)

桃には、ミネラルの一種であるカリウムも含まれています。カリウムには血圧をコントロールする働きがあるので、高血圧の方は積極的に摂取したい成分。桃以外の果物ではバナナやメロンなど、野菜ではさつまいもやほうれん草に多く含まれています。

ナイアシンという成分も、桃には豊富。あまり聞き慣れない名前かもしれませんね。ナイアシンは水溶性ビタミンの一種で、粘膜や皮膚の健康を維持するという重要な役割を持つ成分です。

桃はカテキンを含む果物でもあります。カテキンといえばお茶のイメージが強いので、ちょっと意外に思われるかもしれませんね。カテキンは、動脈硬化や心臓病などの生活習慣予防やアンチエイジングに効果的。また、殺菌作用があり、虫歯や口臭の予防効果も期待できます。

ところで、桃は皮をむいて種を除いて食べるものだと思っていませんか?実はいつも捨てている皮や種にも、栄養がたくさん含まれているんですよ。それなので、表面の産毛をよく洗い落として皮ごと食べたいところ。また、桃の種の中に入っている「桃仁」というものは、漢方薬によく用いられているようです。

カロリー表示が嬉しいお店

北海道にお住まいの方なら、一度は壷屋総本店のお菓子やケーキを食べたことがあるのではないでしょうか?大型デパートなどにもテナントとして入っているので、見かけるとついつい立ち寄ってしまいます。そして、ついつい買ってしまいます…。

私が嬉しいと思うのは、一つ一つの商品にカロリーが表示されていること。パッケージには記載されていませんが、お店の商品紹介の中にカロリー表示があるんです。

壷屋総本店のホームページには商品1個当たりのカロリーと一緒に、商品1個の重量と100g当たりのカロリーも掲載されています。ダイエット中の方など、カロリーを気にする人には本当にありがたいことだと思います(^^)

私が一番好きな「あさひかわ生まれのお米でつくったケーキです」は、1個45gで147kcal。お米の効果でもちもちとした弾力がありつつ歯切れが良く、1個でも食べごたえあります。でもとても美味しいので、1個以上食べたくなります(笑)

私が大好きなかぼちゃを使った「かぼちゃ鍋」は1,175kcal。カロリーだけを見ると飛び跳ねますが、1個405gもあるビッグサイズです(笑)

ビッグなお菓子では「ゴールデンアップルカムイ」もあり、こちらは480gで1,618kcalとなってます。カロリーはかぼちゃ鍋以上だけど、重さもこちらの方がありますね。

普通サイズの「アントメリーバームクーヘン」は、1個34gが150kcal。他のアントメリーシーズは、「あずき」が1個34g152kcal・「バニラ」が1個33g149kcal。「フィナンシェ」はオレンジが1個36g163kcalで、ショコラが1個35g161kcalです。

ナッツたっぷりで見るからにカロリーが高そうな「アマンディーヌ」は、1個47g297kcalと、やっぱり高カロリー(^^; よく味わって食べましょう…。

こんな風にカロリーがわかれば、食べるときの目安にできて便利です。

イチゴが含むビタミンCを摂るコツ

見た目は可愛らしく食べれば甘酸っぱく、「ひめ」・「おとめ」・「ほのか」・「ゆめ」などの付く名前が多いイチゴは、どちらかというと女の子のイメージ。イチゴは女の子らしいだけじゃなく、女の子が積極的に食べたい果物でもあるんですよ。その理由は、イチゴに含まれる栄養素にあります。

美肌のために、毎日スキンケアに励む女性が多くいます。その中には、どんな方法を試してもどんなスキンケア用品を使っても、いまいち効果が実感できないという方も少なくない…。もしかしたらそれは、ビタミンC不足が原因かもしれません。

肌の新陳代謝を促進させて肌トラブル解消効果を持つビタミンCは、健康な肌を保つために欠かせない栄養素。ビタミンCは体の中で生成されないので、外から取り込んであげなければなりません。

そんな美肌に必須のビタミンCが、イチゴには豊富に含まれています。中くらいのイチゴを8粒ほど食べれば、1日に必要と言われているビタミンCを摂取できるようですよ。

イチゴに含まれるビタミンCを効率よく摂取するには、いくつかのポイントがあります。まずは、生のまま食べること。ビタミンCは熱に弱いので、加熱すると壊れてしまいます。それなのでビタミンCを摂取するなら、ジャムなどに加工せずに食べましょう。

そしてイチゴを洗うときは、ヘタを取らないこと。ヘタを取ってから洗うと、ビタミンCが流れだしてしまいます。イチゴは新鮮なうちに食べることも大切です。鮮度が落ちると共に、ビタミンCも少なくなってしまうといいます。

ちなみに、長崎県で生産されている「さちのか」という品種には、特にビタミンCが多く含まれているようですよ。

イチゴにはビタミンCだけじゃなく、便秘解消に効果的な水溶性食物繊維・塩分の排出を促すカリウムなどが含まれています。女の子に限らず、老若男女問わずに食べたい果物ですね。

体にも良い?アイスクリーム

ちょっと変わったアイスクリームを食べたくて探していると、グリーン色のアイスクリームが目に入りました。抹茶かな?それとも、よもぎかな?私はどちらも苦手なので、自分が好きなものではないだろうと思っていました。

ところが原材料を調べてみると、そこにあった名前は抹茶でもよもぎでもなく、だだちゃ豆。だだちゃ豆は食べたことありませんが、お豆類は好きなのでこれはヒットしそう!

自分は一度も食べたことがないと思っていた、だだちゃ豆。それはどんな豆なのだろうと思いきや、私もよく知っているものでした。だだちゃ豆とは、枝豆のことをいうんですね。それならついこの間も食べました(^^;

どうやらこのだだちゃ豆アイス、もう手に入れることはできない模様。既に販売終了してしまっていたんです。せっかく出会えたのに味わえないなんて…。

とても残念がっているところに、朗報が…♪リニューアルして再登場するとのこと!これは嬉しい限り!もう手に入らないとあきらめていただけに、喜びもひとしおです(*^_^*)生まれ変わっただだちゃ豆アイスが登場したら、早速味わってみたいと思います♪

お豆とは違いますが、とうもろこしアイスも美味しいです(*^_^*)とうもろこしを使ったアイスは結構多いので、食べたことがある人も多いのでは?

いろんなとうもろこしアイスを食べたことがある中で、私にとってのダントツ一位は北海道で食べたとうもろこしアイスです。私の大好きなとうもろこしアイスは美深町にある道の駅で食べられるのですが、後口はさっぱりとしていながらとうもろこしの風味と甘味がたっぷり♪

地元の人にはもちろん、旅行客からの人気も高い!このとうもろこしアイスを食べるために、また北海道を訪れたいという人もいるほどなんです。お取り寄せができれば全国の人にもっと味わってもらえるのに、美深町にある道の駅に来なければ食べられないのがちょっと残念…。その分、レア度は高いですけどね。