You are currently browsing the archives for the 日記 category


どの県でどのイチゴが収穫される?

長い間、私はイチゴを嫌う人がいるとは知りませんでした。イチゴが人気の果物であることも確かですが、中には食べられないという人もいるんですね。私の周りにも聞いてみたら何人かいました、イチゴはあまり得意じゃないという人。

イチゴのショートケーキを食べるときはどうするの?と尋ねたら、「ケーキは食べなくても生きていける」ですって。かわいくないなぁ(笑)

日本でイチゴの収穫量が多い県と、それぞれの県で収穫される品種を調べてみました。

イチゴの収穫量トップは、イチゴの名前にもなっている栃木県。名前を聞いてもわかるように、「とちひめ」や「とちおとめ」などが栃木県で収穫されているイチゴです。とちおとめは、作付面積が一番多いみたいですよ。

2位は福岡県で、「とよのか」や「さちのか」、作付面積が三番目に多い「あまおう」などが収穫されます。ちなみにあまおうの名前の由来は、「甘い」「丸い」「大きい」「美味い」なんですって。覚えやすいですね(^^)

3位が熊本県で、オリジナル品種には「ひのしずく」があります。他にも「とよのか」が収穫されています。4位の長崎県でもとよのかは収穫されていて、長崎生まれの品種には「長崎さちのか」があります。

5位の静岡県では、「あきひめ」や「紅ほっぺ」など。静岡県のイチゴといえば、何といっても「ぴーちひめ」を見逃せません。名前は可愛らしくても、サイズは特大なんですよ。

あきひめは、愛知県のイチゴ園で最も多くイチゴ狩りを楽しめる品種でもあります。愛知で生まれた品種には「ゆめのか」がありますが、まだイチゴ狩りでは扱われていないようです。佐賀県生まれの品種なら「さがほのか」さがほのかは、日本で二番目に多く生産されている品種でもあります(^^)

甘味が強かったり適度な酸味があったり…。それぞれの「味」を楽しんでみたい!

よく考えれば合わないかも

今まで何の疑問も持たずに食べてたおかずの中に、ご飯と合わないんじゃないかと言われているものもあることがわかりました。改めて考えてみると、言われてみれば合わないかもしれないというものもいくつか…。

『酢の物』とご飯の相性を疑問視する人もいます。私は合うと思いますよ(^^)酢の物の甘酸っぱさは、白いご飯を進ませます♪

『ポテトサラダ』は白いご飯のおかずにするより、パンと一緒に食べるのが好き。でも普通にご飯のおかずとしても食べますね。合うかどうかは別ですが…。

『おでん』がご飯と合わないという人がいると知ってビックリ。私はピッタリだと思います(^^)おでんのつゆをご飯にかけたり、ご飯と煮込んで雑炊にしたりしてもおいしい♪

甘辛く味つけした『うの花』なんて、疑問に感じる余地もなくご飯との相性抜群!うの花がご飯に合わないという人がいるのは、とても意外。うの花を白いご飯に乗せた「うの花丼」もオススメ。しっとり感にかけるうの花だと、パラパラこぼれて非常に食べにくいですが…。

『ウインナー』や『ソーセージ』は、確かにご飯に合わないかもしれません。どちらかといえば、おやつやおつまみのイメージがあります。でもお弁当のおかずには重宝するんですよね(^^)

『刺身』はご飯のおかずにもお酒の肴にも合うのでは?刺身はご飯に不釣合いだという人は、お寿司も嫌いなのかも?

『おひたし』は箸休めにぴったり◎野菜が大好きな私はおひたしもたくさん食べるので、箸休めにしては量が多いですが(^^;

何より驚いたのは『目玉焼き』や『玉子焼き』もご飯のおかずにならないという人がいること。私は目玉焼きをご飯に乗せて食べるのが大好きです。玉子焼きがご飯に合うか合わないかは、味つけにもよるかもしれませんね。確かに甘い玉子焼きはあまり合わないかもしれません。

冷めても離れてもいないのに

今、とても反省していることがあります。ここ最近忙しくて、彼氏にもあまりメールをしていませんでした。あまりというより、私からメールをすることは無くなっていたかもしれません。向こうからメールがくれば必ず返しますが、最後に私からメールを送ったのはいつだったか…。

付き合い始めたばかりの頃は、私も頻繁にメールをしていました。男の人の中にはメールが面倒だという人もいますが、彼氏はメールもマメなタイプ。私がメールを送らない日があっても、彼氏から来ない日は無かったかもしれません。でもそれも、付き合い始めてから数ヶ月の間だけ。最初は頻繁だったメールも、少しずつ回数が減ってきます。

でも決して気持ちが冷めてきたわけではなく、逆に安定してきたから。彼氏彼女の関係になったといえども、最初はやっぱりお互いの気持ちに不安があるもの。その不安を埋めるために頻繁にメールをし合うことで、安心していたような気がします。

確かに最初の頃に比べたら、メールの回数はだいぶ少なくなりました。でも私は全然意識していませんでした(^^; 忙しくて彼氏のことを考える余裕がなかったわけではありませんよ。メールもしようと思えば、そのくらいの時間はありました。

でも特に用件もなかったので、メールをしていなかっただけのこと。それが彼氏を不安にさせているとは、夢にも思いませんでした。私から全くメールが来ないことに、彼氏はとても不安になっていたようなんです。

私の気持ちが冷めてしまったんじゃないか?自分から離れつつあるんじゃないか?遠回しに「別れたい」と言われているんじゃないか…。そんなことを考えていたようです。全くそんな気はなかった私にとって、驚き以外の何ものでもありません。これからはちょっとした内容でも、メールを送るようにします(^^;

嫌いなはずの最中だけど

小豆で作られた餡子が、こどもの頃からの大好物。生クリームたっぷりのケーキより、小豆餡がぎっしりの和菓子を喜んで食べていました(^^)おまんじゅう、どら焼き、たい焼き、大福などなど…。菓子パンの中では、あんぱんが大好き♪

そんな中にも、餡子入りだけどあまり好んで食べないものも…。なぜか最中は、あまり食べたいと思えないんですよね(^^;

だけど、北海道では有名な壷屋総本店の最中は別。これは大好きで、家にあると大喜びでいただいちゃいます(*^_^*)壷屋総本店が作る最中の名前は「壺もなか」お店の名前が由来になっているだけじゃなく、見た目も壺の形をしているんですよ♪

壺に見立てた最中を持てば、ずっしりとした重み。そして香ばしい皮の中には、壷屋の自家製餡がぎっしり!昭和8年に発売して以来、今の今まで一切製法は変えていないんですって。それだけこだわりがあるということですね。当時の味を知る人が食べたら、懐かしさに目を細めそう。

壷屋総本店では、「懐中しるこ」という、一風変わった最中も作っています。懐中しるこは小豆餡の粉末が入った最中なんですが、器に入れてお湯を注いで食べるんです。名前の通り、お汁粉感覚で楽しいですよ(^^)

壷屋では、毎年10月上旬から「北海道豆ぜんざい」もお店に並びます。お餅が別添えされていて、厳選された道産小豆と一緒に食べるものです。11月下旬に北海道豆ぜんざいの販売を終えると、そのおよそ1ヶ月後には「北海道豆しるこ」が登場。こちらも販売は1月下旬までと、たったの1ヶ月ほどしかお目にかかれません…。

ぜんざい派は11月上旬から、おしるこ派は12月も押し迫った頃に探してみてください(^^)どちらを選んでも、ふっくら炊き上げられた道産小豆の美味しさを楽しめます。

ようやく知った社交辞令

私が「社交辞令」というものを知ったのは、他の人よりも遅かったようです。

「また遊ぼうね」と言われると「また」があると信じていました。「今度遊びにおいで」と言われると、今度とはいつ行ってもいいのか考えていました。「遊びに行くからね」と言われると、遊びに来てくれる日をずっと待っていました。

「一体いつ遊べるのだろう?」「いつ遊びに行ってもいいんだろう?」「全然遊びに来ないね…」そんなことを口にする私に、親が教えてくれたのです。それは、社交辞令というものだということを。

よく口にするけれどまず実現は望めないだろうという約束は、仕事にもあります。

「近いうちに食事しましょう」近いと言ったはずが、遠くになってでも実現すればまだマシです。

「落ちついたらまた会いましょう」落ち着く日は、待てど暮らせど訪れません。人生はなかなか落ち着かないもののようですね。

「前向きに検討します」この段階で、後ろ向きなのは見え見えのケースも。口ではそう言いながらも、頭の中では断りの理由を考えていることも少なくないと思います。

「機会があれば一緒にお仕事できると嬉しいです」おそらく、その機会は一生ありません。

「近くに来たら寄ってください」自分でそんなことを言うときも、心の中では「目の前に来ても寄ってはくれないだろうな」とわかっています。

「また、お会いする日を楽しみにしています」いつまで楽しみにしていればいいものでしょうか。

どの言葉にも、決して悪気なんてないのだと思います。中には、本当に心からの言葉もあると思います。だけど、予定は未定。人生とは忙しいもので、一つ片付けばまた次がある。ちょっとの時間さえ、無いときもある。

社交辞令だと受け取っておいて、もし実現する日が来たら喜ぶことにします。

戻せないし戻れない

仕事をしていると、「戻ってきて欲しい」「戻したい」「戻りたい」と思うことがよくあります。

戻りたいと思うのは、間違えてコピーしてしまったとき。時間に余裕があるときならまだしも、切羽詰っているときはさらに切羽詰り、パニック状態になってしまいます。パニックになると、また余計なことをしでかしていつも以上に手間取ってしまうんですよね。

ボーナスが減ってしまったときは、ボーナスが十分にあった頃に戻りたい。減っただけじゃなく、すっかり無くなってしまったとなれば、少しでもボーナスをもらえていた頃に戻りたいと強く思います。

なぜでしょうね。予定がある日に限って、残業を頼まれてしまうのは。残業を頼まれたとき「今ならまだ間に合う。断れ。この後、どうしても外せない予定があるんですと…」と、頭の中で何度も自分に言います。でも口から出る言葉は「わかりました」と正反対のもの。そこでわかってしまったらダメなのに。

何が何でもその日のうちにどうにかしないといけない仕事があるときは、まだ仕方ないと諦められます。でもそうじゃないときは、イエスの返事をする前に時間を戻したいと思います。時間を戻せたところで、違う返事ができるとは限りませんが。

戻りたいし戻したりし、出来ることなら戻ってきて欲しい。そう強く思うのは、メールを誤って送ってしまったときです。「あっ」と思ったときには、もう手遅れ。送信ボタンを押す前に戻ることもできなければ、戻すこともできません。どんなに「おーい」と呼んでも電波に乗ったメールは戻って来てくれないし、「待ってくれ」と頼み込んでも聞く耳を持ってはくれません。

それは、データの保存を忘れてしまったときも同じ。「あっ」と思った瞬間に、この世から消滅してしまったデータ。今まで何度繰り返してきたことでしょう。

雑木林の前で迷い中

味の種類がいろいろあると、どれにしようか迷っちゃいます。その中に苦手な味があれば、選択肢が少なくなって助かります。それが好きな味ばかりだと、嬉しさ半分困った半分…。多すぎる選択肢に四苦八苦してしまいます。贅沢な悩みですね。

北海道旭川市の人気菓子店・壷屋の「雑木林」というお菓子には、定番の味2つの他、季節によって変わる味が4つあります。

詰め合わせを家族でいただくとき、一番人気はアロニアベリー。アロニアはあまり聞き慣れない名前かもしれませんね。これは、旭川市の「地域産業資源」に認定されている果物て、味はブルーベリーに似ています。目に良いことで知られるアントシアニンが、ブルーベリーよりも多く含まれているんですよ(^^)

アロニアベリーとストロベリーは定番で四季を問わずに食べられるので、季節限定の味が好きなものだとそちらをゲット♪一番好きなのは、チーズです。甘さの中のしょっぱさが絶妙!次はチョコ。チョコといっても甘すぎないので、甘いものが苦手な人でも美味しく食べられると思います♪

チーズかチョコがあれば迷わず選びますが、どちらもなければ私も狙いはアロニアベリー。甘酸っぱさはブルーベリーにも似ているけど、私はアロニアの方が好きです(^^)ストロベリーも良いのですが、最初に選ぶことはないかも?

他には、さくらと夏みかんもあります。雑木林に限らずさくらと夏みかんはあまり好きな味じゃないので、自分で選ぶことはありません(^^;

壷屋の雑木林は、外がサクッと中はふんわりの生地で、いろんな味のクリームがサンドされたもの。誕生は昭和34年に、天皇陛下御来道植樹記念として販売された歴史あるお菓子なんですよ(^^)

雑木林には、欠点が一つ。ソフトで軽い口当たりなので、何個でも食べられちゃいそうなこと…。

北海道素材が生きています

何年前のバレンタインデーだったでしょう。北海道旭川市にある壷屋総本店の「ホワイトチョコスナック」を父にあげました。父は甘いものも結構食べて、チョコレートも好きなんですよね(^^)

ホワイトチョコスナックは、コーンパフにホワイトチョコがコーティングされたもの。バレンタインの季節にはありとあらゆるチョコレートが出回りますが、他ではあまり見かけないので珍しいと思い、これを選んでみたんです。

そしたら思った以上に気に入ってくれて、すごく嬉しかったなぁ♪コーンパフがサクサク軽くて、ホワイトチョコがほんのり甘くて…。メタボが気になるお年頃。一度食べだすと手が止まらなくなっていたので、あまり頻繁にはあげない方がいいかなと思ってしまいました(笑)

お酒のおつまみには「焼きとうきびスナック」もぴったり♪しょうゆ風味の北海道とうきびと聞いただけで、お酒に合うことを確信しちゃいます。とうきびの風味とおしょうゆの香ばしさをたっぷり味わえますよ(^^)

北海道の素材が生きているお菓子には「北海道グリーン萌」もあります。これはフィナンシェなんですが、珍しいのは北海道産アスパラ粉末が使われていること。といってもアスパラの味が前面に出ていることはなく、りんご・クランベリー・レーズンなどの香ばしさを楽しめます♪

もっと濃厚なお菓子を食べたいときには、「北の風道」がおすすめ。ミルク感たっぷりで、バターの風味がとても豊か。しっとりした口当たりには、いつ食べても幸せにさせられます(*^_^*)

いつでも食べたいのに、それが叶わないお菓子もあります。「あさひかわ生まれのお米でつくったケーキです」なのですが、販売期間が限定されているんです…。毎年、このお菓子がお店に並び始めるのを心待ちにしています。

嫌いなはずの最中だけど

小豆で作られた餡子が、こどもの頃からの大好物。生クリームたっぷりのケーキより、小豆餡がぎっしりの和菓子を喜んで食べていました(^^)おまんじゅう、どら焼き、たい焼き、大福などなど…。菓子パンの中では、あんぱんが大好き♪

そんな中にも、餡子入りだけどあまり好んで食べないものも…。なぜか最中は、あまり食べたいと思えないんですよね(^^;

だけど、北海道では有名な壷屋総本店の最中は別。これは大好きで、家にあると大喜びでいただいちゃいます(*^_^*)壷屋総本店が作る最中の名前は「壺もなか」お店の名前が由来になっているだけじゃなく、見た目も壺の形をしているんですよ♪

壺に見立てた最中を持てば、ずっしりとした重み。そして香ばしい皮の中には、壷屋の自家製餡がぎっしり!昭和8年に発売して以来、今の今まで一切製法は変えていないんですって。それだけこだわりがあるということですね。当時の味を知る人が食べたら、懐かしさに目を細めそう。

壷屋総本店では、「懐中しるこ」という、一風変わった最中も作っています。懐中しるこは小豆餡の粉末が入った最中なんですが、器に入れてお湯を注いで食べるんです。名前の通り、お汁粉感覚で楽しいですよ(^^)

壷屋では、毎年10月上旬から「北海道豆ぜんざい」もお店に並びます。お餅が別添えされていて、厳選された道産小豆と一緒に食べるものです。11月下旬に北海道豆ぜんざいの販売を終えると、そのおよそ1ヶ月後には「北海道豆しるこ」が登場。こちらも販売は1月下旬までと、たったの1ヶ月ほどしかお目にかかれません…。

ぜんざい派は11月上旬から、おしるこ派は12月も押し迫った頃に探してみてください(^^)どちらを選んでも、ふっくら炊き上げられた道産小豆の美味しさを楽しめます。

好きな壷屋ランキング

北海道旭川市にある壷屋総本店が作るお菓子には、こどもの頃から馴染みがあります。壷屋総本店のお菓子の詰め合わせは、お土産やお中元・お歳暮などにもぴったりです(^^)

和洋菓子のどちらも美味しいのですが、今回は洋菓子を好きな順にご紹介します。

1位「き花」

ここでみんなに壷屋の洋菓子を紹介したくなったのは、今手元にあるこのお菓子が大きな理由(笑)優しい甘さのクーベルチュールホワイトチョコレートが、分厚いアーモンドガレットにサンドされています。言わずと知れた「白い恋人」が上品な食感なら、「き花」は香ばしさ満点で食べごたえがあります(^^)

2位「北の風道」

豊かなバターの風味とたっぷりのミルク感、そして優しい甘さの白こし餡…。なめらかなしっとり感が何ともいえません。

3位「あさひかわ生まれのお米でつくったケーキです」

名前の通り、お米を使った生地はまさに新食感!生地の中では、小豆・カレンズ・かぼちゃの種・イチジクがいい味を出しています。

4位「かぼちゃびいき」

ふんわり軽いかと思いきや、実際はずっしりと食べごたえのある蒸し饅頭。小豆かのこ入りが嬉しいです(^^)

5位「かぼちゃ鍋」

これ一つで、北海道産小豆餡・とろろ昆布入りのかぼちゃ餡・サクサクのパイ生地を楽しめるという、贅沢な一品。お菓子の枠を飛び越えた、創作スイーツです。

6位「北の華氷」

き花とは違う形で、アーモンドの香ばしさとホワイトチョコのハーモニーを楽しめます。軽い食感で、ついつい手が進む…。

7位「ゴールデンアップルカムイ」

ウワサには聞いていたものの、初めて食べたときは驚きの連続。大きさや丸ごと入ったりんごもさることながら、何といっても高クオリティー。自信を持って勧められるバームクーヘンです。