You are currently browsing the archives for the 生活・文化 category


カワイイ名前が勢ぞろい

ひめ、べに、ほのか、ルビー…。イチゴは見た目が可愛いだけじゃなく、女の子が喜びそうな名前がいっぱい♪名前が魅力的なイチゴには、それぞれどんな特徴があるのか知りたくなりました(^^ゞ

●さがほのか

「ほのか」って女の子の名前みたい♪

さがほのかの誕生は平成10年と、割と最近。佐賀県で生まれるイチゴのうち、7割がさがほのかのようです。さがほのかは大きくて、スタイルも色も抜群!見た目が良いだけかといえば、もちろんそんなことはありません。

口に含んだ瞬間から広がる甘味、上品な印象は最後まで変わらない。果肉は締まっていて、イチゴらしい味わいと香りをじっくり噛みしめさせてくれます。程よい硬さがあるので傷みづらく、比較的長持ちするというのも大きな長所!

●あきひめ

お姫様みたいな名前♪

スリムなスタイルで大きめ、真っ赤な色したあきひめ。ご両親は久能早生と女峰。いつもほとんど酸っぱくなくていつでもとても甘いけど、特に得意なのは寒い季節。冬の間や春の初めは、とびきりの甘さになるんです(^^)

●やよいひめ

こちらは群馬のお姫様♪

一番多くなるのが弥生月だから、この名前。ちょっといびつな姿はご愛嬌。大きな果肉を口に含めば、驚くくらい果汁たっぷり!濃厚な甘さが人気です♪

●紅ほっぺ

赤いほっぺで、ついこの間誕生したばかり♪

甘さ・香り・瑞々しさは、誰にも負けないんじゃないかと思うほど。美しい姿には、思わず見とれてしまいます(^^ゞ

●あすかルビー

奈良が誇る赤い宝石♪

一見ちょっと酸っぱそうだけど、食べてみれば大違い。酸味は低く甘味が高く、溢れ出す果汁に笑みがこぼれる♪

丸み・大きさ・ツヤは、名前の通り、まるで食べるルビーみたい。花より団子の私には、石のルビーよりあすかルビーの方が嬉しいかもしれません(^^)

北海道の美味しさいっぱい

地元ならではの素材が使われたお菓子は、地元人にとってすごく嬉しい存在です(^^)北海道旭川市の壷屋総本店には、北海道産の素材を使ったお菓子がたくさんあります。

壷屋総本店のお菓子はどれもおいしいのですが、「あさひかわ生まれのお米でつくったケーキです」が私のお気に入り♪このケーキには名前からもわかるように、旭川産うるち米「おぼろづき」と上川産「はくちょうもち」が使われています。お米の産地を調べる手間が省けますね(笑)

お米が使われた生地はしっとりで、モチモチとした弾力もあり。他にはない食感が楽しいです♪その中には、小豆・カレンズ・カボチャの種・イチジク入り。これがまた食感にも味わいにもアクセントを与えてくれて、絶妙な仕上がり。一度食べるとハマりますよ(*^_^*)

かぼちゃ好きの私が食べるたびに笑顔になるのは「かぼちゃびいき」蒸し饅頭として紹介されていますが、どちらかといえばケーキのような感覚。和と洋のコラボレーションといえるケーキ…じゃなくて、蒸し饅頭です(笑)

道産かぼちゃが使われた生地は、しっとりふわふわ♪さらに中には、小豆かのこ入り。かぼちゃと小豆は、私にとって最強コンビ。かぼちゃびいきを食べるたび、かぼちゃと小豆を一緒に煮たいとこ煮が食べたくなります(^^ゞ

「北海道グリーン 萌」という名のフィナンシェには、北海道産アスパラの粉末が使われています。りんご・レーズン・クランペリー入りで、食感も楽しいです♪

「ポテトのポトフ」には、北海道産じゃがいものインカのめざめが使われています。これはポテトペーストにバター等を加えて焼きあげられたケーキなんですが、コクたっぷりで本当においしい。新聞やテレビから取材が殺到したほどで、一時は入手困難になっていました…。

厚化粧になってない?

この間、マンガの中から飛び出してきたんじゃないかと思う女性を見かけました。あまりにも口紅が濃すぎるんです。今ではマンガにも、あれほど厚く口紅を塗った人は登場しないのではないでしょうか…。鏡を見ず、勘で塗ったのではないかとさえ思えました。それも色まで濃いものを使っているのだから、救いようがありません。

ゴテゴテの唇にしないといけない理由が、何かあったのでしょうか。口紅を塗ることで、何かを隠していたのかもしれません。

上手に使えば、周りの目を惹きつける唇を演出してくれるグロス。それも塗りすぎると、まるで油物を食べた後のような唇になってしまいます。テカリすぎは禁物です。

アイラインの使い方ひとつでも、厚化粧のイメージを与えてしまう可能性があります。アイラインでばっちり目を囲んでいたり、くっきりと太いラインを描いていたりする人にも、厚化粧だという印象を受けます。

一重や奥二重、小ささなど、アイラインは目のコンプレックスを隠すのに大活躍。でも、程度と言うものがあります。あまりにもくっきりハッキリとさせてしまっては、不自然で逆に格好悪くなってしまうような気がします。

目元でいうと、色が派手すぎるアイシャドウもどうかと…。似合っていればいいのですが、見るからにやりすぎの人もいるんですよね(^^;

たまに見るのは、まつげにボリュームを出すことに一生懸命になりすぎている人。濃いまつげ・長いまつげ・量の多いまつげなど、人によって理想のまつげはいろいろあると思います。でも、太いまつげはあまり格好いいものとは思えません…。パサパサにしたかったはずがダマダマのまつげになっている人を見ると、とても残念に思います。

上手にすれば、魅力ある顔立ちを演出してくれるメイク。でもひとつ間違えば、魅力を激減させてしまうことにも…。

誰もが知ってる北海道土産

北海道土産としてだけじゃなく、全国的に人気ナンバーワンの白い恋人。新しくいろんなお土産菓子が次々と登場する中で、不動の人気を誇ります。北海道に住んでいれば目にする機会も多いし購入することもあるけれど、北海道人は意外と食べる機会が少ないんですよね。

白い恋人をお土産として買っても、自分の口に入ることはなかなか…。そんなに好きなら自分で買って食べればいいだけの話ですが、なぜか自分で買う気にはならない不思議な存在です。

六花亭のマルセイバターサンドも、北海道では昔から馴染み深いクッキーです(^^)分厚いクッキーに、これまた分厚くサンドされたバタークリーム。ご丁寧にもレーズンまで入っています。カロリーを見ると食べられたものじゃないけれど、目の前にあると食べないではいられません。だからこれが家にあると、悲しいような嬉しいような複雑な気持ちになります。

北海道のバター飴も素朴でありながら、根強い人気の持ち主。そこら辺のバター飴とはコクが違います。

北海道のお土産の中では、チョコレートも人気です。中でも一番人気は、ロイズの生チョコレート。これを口に入れたとき、一般的なチョコレートとの違いを実感しました。とてもなめらかで「生」と呼ぶにふさわしい口どけ。そして、濃厚なカカオ感と深いコク。話題になるのもうなずけました。

お土産には、夕張メロンチョコレートやハスカップチョコレートなど、北海道ならではの素材を生かしたチョコレートもぴったり♪夕張メロンチョコレートは、メロンスイーツが苦手な私にも美味しい!北海道以外ではなかなか味わえないハスカップチョコレートも、ぜひ全国のみんなに知ってもらいたいお土産です。

北海道といえば、やっぱり新鮮な海産物。カニ・イクラ・ホタテ・鮭なども、北海道土産として人気があります。食べもの以外では、木彫りのくまやマリモなんかがオススメです(^^)

切羽詰ったときの行動

逃げてはいけない。現実とはしっかり向き合わなければ…。わかっていはいるけれど、仕事が切羽詰ってくると現実逃避したくなる。そんなとき、あなたはどんな行動に出ますか?

5通りの行動が挙げられている中で、女性で一番多いのはチョコなどの甘いものを食べるというもの。甘いものは心の癒し。なめらかなチョコの口どけは、一緒にストレスまでも溶かしてくれます。糖分は疲れを緩和してくれるので、いろんな意味で切羽詰ったときの助けになります。

女性ほどではないですが、疲れたときには甘いものを食べるという男性も結構いるみたいで、四番目になっていました。

男性・女性ともに多いのは、大掃除をするという人。毎日の掃除は面倒くさいものだけど、一気にやってしまうと不思議にもスッキリするんですよね。掃除に夢中になっているときは、余計なことを考えずにいられるのも嬉しい。

だけど、どんなに頑張って掃除をしても、仕事が片付くわけではありません。今度は仕事に取り掛からなければ…。

また、ネットサーフィンをする人も男女両方に多いようです。ネットサーフィンは時間を忘れさせてくれる、仕事のことも頭から離してくれる。決して仕事をどうにかしてくれることはありませんが。

切羽詰ったときに女性が取る行動の三番目は、買い物です。切羽詰ったときの買い物では、衝動買いに要注意。ヤケになって無駄なお金を使ってしまったら、後々自己嫌悪に陥りかねません。

女性の場合、他には飲みに行ったりヤケ食いをしたりする人も少なくありません。くれぐれも体をこわさないように…。そして体重に反映してしまいませんように。

男性らしい!と思ったのが、現実からは逃げずにしっかり向き合うという答え。頼もしいですね(^^)

どんな行動をとっても仕事から逃げることはできません。でも、ホッと一息つくことやストレス発散も大切。そうすれば、また仕事に向かう元気が出てくることもあります(^^)

大好きなメリーおばさん

私には大好きなおばさんがいます。名前はメリーといって、いつもすごくおいしいお菓子を作ってくれるんです♪

その中でも一番のお気に入りは、ショコラ・フィナンシェ。チョコレートが豊かに香り、とても甘い。その甘さにも奥があり、嫌味を感じない。しっとり感は口に入れる前から、手で触っただけで嬉しくなります(*^_^*)

あんまり甘いのは苦手という人でも、オレンジ・フィナンシェなら美味しく食べられると思います♪ショコラは真っ黒な姿が濃厚カカオを表すけれど、オレンジは輝く黄金色。ふわっと立つオレンジの香りはちょっぴり大人の味わい。食べた後も、しばらくオレンジの余韻が口に残ります。

まだまだお子様の私は、もっぱらショコラ。オレンジをリクエストするようになったとき、大人になった証かも?

あずきケーキやバニラケーキも大好きです。あずきケーキは小豆の風味、バニラケーキはバニラの香りがふわっ。どちらも優しい甘さで、心がホッと落ち着きます(*^_^*)

バウムクーヘンもそうなんですが、メリーおばさんが作るお菓子はどれもしっとり。どうしたらいつもこんなに笑顔になるようなしっとり感を生み出せるのか、教えてもらいたいくらいです。

ケーキはしっとりでも、クッキーはさっくり♪粗挽きのナッツがとても香ばしいです(*^_^*)1枚1枚手焼きしてくれたクッキーは、他のものとは一味違いますよ。

特別なときに食べたくなるのは、メリーおばさんのアマンディーヌ。初めてこれを食べたときは、こんなスイーツがあったのかと驚いたものです。ぎっしり詰まったアーモンドと甘いキャラメルの香ばしさ。この二つが組み合わせを味わって、笑顔にならない甘党さんはいないんじゃないかと思います。しょっちゅう食べることはできないからこそ、たまに食べたときの幸せな気持ちはひとしおです。

アントメリーのお菓子を味わいたい方は、壷屋総本店にどうぞ♪

北海道の寒さも忘れる

地方の友達に『き花』というお菓子を送ったら、すっかり気に入ってしまったようです。

き花というのは、北海道では有名な壷屋が作る洋菓子。アーモンドダイスが散りばめられたアーモンドガレットで、クーベルチュールホワイトチョコがサンドしてあり、1枚で食べごたえ満点!アーモンドの香りとホワイトチョコの優しい甘さは、一度食べると忘れられません。

実は今回き花のファンになった友達のように、道外にも一度食べて以来忘れられないという人が結構いるんですよね。北海道から地方に引越した友達も、き花を食べたいと言っていたことがあります。

壷屋ではき花の他にも、いろんなクッキーやスナックを作っています。

北海道では寒さが極めて厳しい冬に、空気中の水分が凍りつくことがあります。その現象を「ダイヤモンドダスト」と呼ぶのですが、その名の通り惚れ惚れするほどの美しさ。

『北の華氷』は、寒さも忘れるそんな光景をイメージした北海道ならではのお菓子です。アーモンドクランチの香ばしさと食感、そしてホワイトチョコの相性は抜群。ドーム型のパッケージもステキです(^^)

パイとクッキーが組み合わさった『氷点の物語』では、サクサク感と香ばしさを一緒に楽しめます。オレンジの風味がアクセント♪

優しい食感の『花かぼちゃ』というラングドシャもオススメ。花かぼちゃには、かぼちゃの種と北海道バターが使われています。かぼちゃの種の香ばしさとラングドシャの食感はクセになりますよ。

北海道といえば、とうきびも外せません。『ホワイトチョコスナック』は、サクサク軽くて食べやすい♪コーンパフになったとうきびが、ホワイトチョコで包まれています(^^)

とうきびをたっぷり味わうには『焼きとうきびスナック』がぴったり◎ふんわりしょうゆが香ばしいとうきびスナックは、一度食べだすと止まりません…。

ミネラルたっぷりのソフトはいかが

焼き海苔ソフトと初めて聞いたときは、ソフトタイプのふりかけかと思いました。焼き海苔入りのふりかけなんておいしそう♪白いご飯にぴったりなのは、食べる前からわかります(^^)

ふりかけは傷むことがなく長期保存ができるので、ストックしておけば何もないときにとても便利。ソフトタイプは通常のふりかけほど日持ちしませんが、それでも慌てて食べる必要はありません。

ふりかけだと思い込んでいただけに、焼き海苔ソフトと呼ばれるものを実際に見たときは驚きました。焼き海苔ソフトとはふりかけじゃなく、ソフトクリームのことだったのです。

コーンに巻かれたソフトクリームの中で目立つ黒い粒。それこそが、焼き海苔。焼き海苔はただのバニラソフトにまぶしただけではなく、ソフトクリーム自体にも練り込まれているんだとか。

焼き海苔ソフトに対しては、賛否両論ある模様。賛成派の意見は、「海苔の香りが豊かでおいしい」「ふわっと香る磯の風味がクセになる」とのこと。「青臭い」「ご飯との相性は抜群でも、海苔とソフトクリームは合わない」というのは、反対派の意見。私は食べたことがないですが、賛成派じゃないかと予想しています♪

焼き海苔ソフトを食べられるのは、熊本県宇戸市にある道の駅・宇土マリーナです。熊本県に行くことがあったら、ご賞味あれ(^^)

山口県下関市には、わかめソフトというものがありました。こちらのソフトはわかめ色。見るからに、ただのソフトクリームじゃないことがわかります。そしてわかめの風味は、ほんのり程度じゃないだろうと予想できます。

細かく刻んだわかめまで混ぜ込まれているようですよ。かすかに塩気があり、さっぱりしていておいしいと好評です(^^)ミネラル豊富で体にも良さそうですね。

人見知りは自分だけじゃない

初対面の人とはなかなか打ち解けられない。自分から声をかけていくことができない。話かけてもらっても話が続かない。人見知りをする人は、日頃からそんな悩みを抱いています。どうすれば人見知りを克服できるのだろう?

初めて会う人と、無理に話そうとする必要はないというアドバイスがあります。無理をしてしまうと、どうしても表情が固くなるし、言葉も不自然になってしまう。それではその場は盛り上がったように見えても、後からお互いが疲れてしまうとのこと。

確かにそれは言えるかもしれません。無理をしていれば、相手にも伝わります。

そういうアドバイスに対して「でも無理をしないと話せない」というのが、人見知りの方の言い分。「無理をするのは良くないからと言って、黙っているわけにはいかないでしょう。その方がよっぽど気まずい」とのこと。

確かにそれも言えますね。無理をしないでも話せるのなら、最初から悩みません。

それでは、意識を変えなさいというのはどうでしょう。相手には自分がどう映るのかということばかりに気をとられてしまっては、さらに緊張して上手く話せなくなってしまいます。自分は相手にどう思われているかより、相手の人柄を見てみては?相手の目の優しさに気がつけば、肩の力も抜けるはずです(^^)

そのためにも、先入観を捨てることが重要。一見怖そうでも話してみれば優しい人や、格好は派手でも気さくに話せる人など、見た目と中身が違う人はたくさんいます。

難しい表情をしている人だな…と思ったら、実は自分のように人見知りで緊張しているだけだったというケースもあります。そんな人に出会ったら、自分の顔を鏡でチェック。緊張のあまり、しかめっ面になっていませんか?

女性の味方!切り干し大根

昔の日本では、冬になると切り干し大根が欠かせなかったようです。冬の間は新鮮な野菜が手に入りにくく、栄養不足になる人が多かったといいます。そんなとき、栄養がつまった切り干し大根は大きな助っ人となったということですね。

それは今でも同じこと。切り干し大根に凝縮された栄養は、私たちの体が喜ぶ効果をたくさん与えてくれます。特に、女性が悩まされがちな体調不良に役立つ効果が多くあります。

たとえば、貧血。貧血の大きな原因は鉄分不足。切り干し大根に含まれる鉄分は生の大根の10倍にもなり、鶏レバーよりも多いほどなんです。

便秘は女性が抱える悩みの代表格ともいえますね。食物繊維を豊富に含む切り干し大根は、便秘解消にもオススメ。腸内の老廃物が排出されれば、大腸がん予防や肌トラブル改善にもつながります。

腸内にたまった老廃物は、ダイエットの妨げにも…。食物繊維はお腹の中で水分を含むと膨らみ、満腹感を得やすくなるのでダイエットにもぴったりです(^^)

また、女性に嬉しいものとしては、代謝促進効果もあります。切り干し大根には、代謝を促進させるビタミンB1・B2も豊富に含まれていますよ。さらには保湿作用もあり、冷え性の改善にも効果的だと言われています。

切り干し大根にはカリウムも多く含まれており、高血圧予防や腎臓の老廃物排出効果も期待できます。

大腸がんや高血圧の他にも、動脈硬化や高血圧の予防にも役立ちます。また、緊張状態を和らげたり血液を凝固させたりする作用もあると言われています。これらは、豊富に含まれるカルシウムによる効果。カルシウムは丈夫な骨や歯を作るために欠かせない栄養素でもあるので、こどもやお年寄りも積極的に摂取したいところですね(^^)

切り干し大根には弱った肝臓や胃腸を回復させる作用もあるので、二日酔いのときにもオススメです。