出会えない時期もある

どっしり重みのある米粉パンは、もちもちで歯切れ良く食べごたえ満点。いろんな食べ方がありますが、私は何も手を加えずにお米の甘味を噛みしめるのが一番好きです(^^)お米パンはそのまま食べればもちもち感と弾力ある歯ごたえ、軽く焼けばサックリ感を楽しめるんですよね♪

お母さんが近くのパン屋さんで買ってきてくれた、米粉パンを食べていたとき。お米で作ったケーキを食べたいなぁ…と、ぼんやり思いました。そう思いながら思い浮かべていたのは、「あさひかわ生まれのお米でつくったケーキです」のこと。

長くありながら覚えやすく、お米の産地を調べる手間が省略された名前を考えたのは北海道旭川市の壷屋総本店。もちろん、この名前をつけたケーキを作るのも、同じく壷屋総本店です。他にはない食感と、小豆・カレンズ・かぼちゃの種・イチジクのアクセントが大好き♪

ちょうどその頃に壷屋へ行く機会があったので、早速「あさひかわ生まれのお米でつくったケーキです」を買おうとしました。ところが、無い。お店のどこを探しても並んでいないんです。お店の人に尋ねると、11月中旬から4月下旬までの限定販売とのこと。それまではずっと、通年商品だと思っていました…。

それなら仕方ないと、次に好きな「かぼちゃびいき」を買うことにしました。そしたら今度は、それさえも見つかりません。再び尋ねると、こちらの販売期間は8月中旬から2月下旬までなんですって…。そのときは6月中旬。タイミングの悪いことに、どちらも販売されていない時期でした。

手に入らないとなると、もっと食べたくなるものですね。「あさひかわ生まれのお米でつくったケーキです」の販売開始まではあと5ヶ月もあるけれど、「かぼちゃびいき」にはあと2ヶ月待てばお目にかかれる。そう自分を慰めるしかありませんでした。

北の名菓づくりで大賞受賞

北海道でよく知られている壷屋総本店のお菓子は、今まで一通り食べてきました。洋菓子も和菓子もホッとする美味しさで、お土産や贈り物にも重宝します。一年に少なくとも一度は、壷屋のお菓子をいただいているんじゃないかと思います。

そんな中で、まだ食べたことがないお菓子もあります。「ポテトのポトフ」という名前のじゃがいもスイーツです。

ポテトのポトフは、道産じゃがいもの「インカのめざめ」が使われているのも魅力的。煮ても焼いてもサラダにしても美味しいインカのめざめは、お菓子の中でも生きているはず!

見た目は普通のケーキで、中にはドライフルーツや人参入り。オーブントースターで温めてから食べると、外はサクッ中はふんわり、焼きたての美味しさがよみがえるんだそうです。トースターではなく電子レンジで温めると、ホクホクになるんですって♪温め方によって食感が変わり、一度で二度楽しめるなんて嬉しい限り(*^_^*)

食べたことがある人に感想を聞くと、ほんのり甘くてとてもしっとり、じゃがいもとは思えないと言っていました。じゃがいもだと知らないで食べると、さつまいもか何かと間違えてしまいそうなほどなんだとか。

私の好みだということはほぼ間違いないのですが、なかなかお目にかかる機会に恵まれず…。

ポテトのポトフは、「北の名菓づくり」で大賞に輝いたお菓子でもあります。テレビや新聞からの取材が次々と訪れて、お店では毎日完売して生産が追いつかなかったほどの人気ぶり。一時は通販での販売が中止されていましたが、ようやく販売開始されています。でも個数は限られているので、ちょっと入手しづらいかも…。

ちなみに、ポトフとはフランス語で「火にかけた鍋」という意味があるんですよ(^^)

桃に含まれる栄養たち

人気の果物ナンバーワンの桃。甘くてとろけるような食感には、いつも幸せにさせられます(*^_^*)桃が甘くておいしいことは言うまでもありませんが、どんな栄養が含まれている果物なのか知っていますか?

食物繊維には不溶性と水溶性があるうち、桃に含まれているのは水に溶ける水溶性食物繊維。桃には、メロンの約3倍・パイナップルの約6倍の食物繊維が含まれると言われています。

食物繊維には整腸作用があり、腸の中をキレイにしてくれます。腸にたまった老廃物が排出されると、大腸がん・心臓病・高血圧などの生活習慣病の予防や肌トラブル解消を期待できます。便秘で悩んでいる方にもオススメです(^^)

桃には、ミネラルの一種であるカリウムも含まれています。カリウムには血圧をコントロールする働きがあるので、高血圧の方は積極的に摂取したい成分。桃以外の果物ではバナナやメロンなど、野菜ではさつまいもやほうれん草に多く含まれています。

ナイアシンという成分も、桃には豊富。あまり聞き慣れない名前かもしれませんね。ナイアシンは水溶性ビタミンの一種で、粘膜や皮膚の健康を維持するという重要な役割を持つ成分です。

桃はカテキンを含む果物でもあります。カテキンといえばお茶のイメージが強いので、ちょっと意外に思われるかもしれませんね。カテキンは、動脈硬化や心臓病などの生活習慣予防やアンチエイジングに効果的。また、殺菌作用があり、虫歯や口臭の予防効果も期待できます。

ところで、桃は皮をむいて種を除いて食べるものだと思っていませんか?実はいつも捨てている皮や種にも、栄養がたくさん含まれているんですよ。それなので、表面の産毛をよく洗い落として皮ごと食べたいところ。また、桃の種の中に入っている「桃仁」というものは、漢方薬によく用いられているようです。

肌がキレイな人は桃が好き?

桃が好きな人には、肌がキレイな人が多いような気がします。それは私の勝手なイメージですよね(^^; …と思ったら、あながちそうではないみたい!?

まだ固い桃をたくさん頂いたので、食べごろや保存の仕方について調べていたんです。桃はちょっと柔らかくなった頃が好きなんですが、油断しているとあっという間に傷んでしまう…。最後までおいしく食べるにはどうすれば良いかを調べていたら、桃が秘められた嬉しい効果もわかりました。

桃が持つ効果は、女性に嬉しいものばかり!

■便秘解消

多くの女性が悩まれている便秘の原因には、食物繊維不足が挙げられます。桃には、不足しがちな水溶性食物繊維がたっぷり♪食物繊維には整腸作用があるので、便秘解消に役立ちます。

■美肌効果

一生懸命スキンケアはしているのに、思うような効果が得られない。そんなときは、腸内の老廃物が悪さをしている可能性があります。豊富な食物繊維は、腸にたまった要らないものを体の外に追い出す働きがあります。腸の中がキレイになれば、肌トラブルの解消にもつながります。

また、桃の葉エキスは、「あせも」などの皮膚トラブル改善効果・保湿作用・抗菌作用などがあると言われています。桃の葉エキスは化粧品や入浴剤に使われるようなので、選ぶときには成分に注目してみようと思います(^^)

■冷え性改善

冷え性も便秘と同じく、女性が抱える代表的な悩みの一つ。桃に含まれるナイアシンという成分には、冷え性を改善する効果があると言われています。

■アンチエイジング

アンチエイジング効果をもたらしてくれる成分は、カテキンです。お茶に豊富なカテキンが桃にも含まれているなんて意外!カテキンには殺菌作用もあるので、虫歯や口臭予防にも役立ちそうですね。

私も桃をたくさん食べて、美肌を手に入れたいです♪

カワイイ名前が勢ぞろい

ひめ、べに、ほのか、ルビー…。イチゴは見た目が可愛いだけじゃなく、女の子が喜びそうな名前がいっぱい♪名前が魅力的なイチゴには、それぞれどんな特徴があるのか知りたくなりました(^^ゞ

●さがほのか

「ほのか」って女の子の名前みたい♪

さがほのかの誕生は平成10年と、割と最近。佐賀県で生まれるイチゴのうち、7割がさがほのかのようです。さがほのかは大きくて、スタイルも色も抜群!見た目が良いだけかといえば、もちろんそんなことはありません。

口に含んだ瞬間から広がる甘味、上品な印象は最後まで変わらない。果肉は締まっていて、イチゴらしい味わいと香りをじっくり噛みしめさせてくれます。程よい硬さがあるので傷みづらく、比較的長持ちするというのも大きな長所!

●あきひめ

お姫様みたいな名前♪

スリムなスタイルで大きめ、真っ赤な色したあきひめ。ご両親は久能早生と女峰。いつもほとんど酸っぱくなくていつでもとても甘いけど、特に得意なのは寒い季節。冬の間や春の初めは、とびきりの甘さになるんです(^^)

●やよいひめ

こちらは群馬のお姫様♪

一番多くなるのが弥生月だから、この名前。ちょっといびつな姿はご愛嬌。大きな果肉を口に含めば、驚くくらい果汁たっぷり!濃厚な甘さが人気です♪

●紅ほっぺ

赤いほっぺで、ついこの間誕生したばかり♪

甘さ・香り・瑞々しさは、誰にも負けないんじゃないかと思うほど。美しい姿には、思わず見とれてしまいます(^^ゞ

●あすかルビー

奈良が誇る赤い宝石♪

一見ちょっと酸っぱそうだけど、食べてみれば大違い。酸味は低く甘味が高く、溢れ出す果汁に笑みがこぼれる♪

丸み・大きさ・ツヤは、名前の通り、まるで食べるルビーみたい。花より団子の私には、石のルビーよりあすかルビーの方が嬉しいかもしれません(^^)

北海道の美味しさいっぱい

地元ならではの素材が使われたお菓子は、地元人にとってすごく嬉しい存在です(^^)北海道旭川市の壷屋総本店には、北海道産の素材を使ったお菓子がたくさんあります。

壷屋総本店のお菓子はどれもおいしいのですが、「あさひかわ生まれのお米でつくったケーキです」が私のお気に入り♪このケーキには名前からもわかるように、旭川産うるち米「おぼろづき」と上川産「はくちょうもち」が使われています。お米の産地を調べる手間が省けますね(笑)

お米が使われた生地はしっとりで、モチモチとした弾力もあり。他にはない食感が楽しいです♪その中には、小豆・カレンズ・カボチャの種・イチジク入り。これがまた食感にも味わいにもアクセントを与えてくれて、絶妙な仕上がり。一度食べるとハマりますよ(*^_^*)

かぼちゃ好きの私が食べるたびに笑顔になるのは「かぼちゃびいき」蒸し饅頭として紹介されていますが、どちらかといえばケーキのような感覚。和と洋のコラボレーションといえるケーキ…じゃなくて、蒸し饅頭です(笑)

道産かぼちゃが使われた生地は、しっとりふわふわ♪さらに中には、小豆かのこ入り。かぼちゃと小豆は、私にとって最強コンビ。かぼちゃびいきを食べるたび、かぼちゃと小豆を一緒に煮たいとこ煮が食べたくなります(^^ゞ

「北海道グリーン 萌」という名のフィナンシェには、北海道産アスパラの粉末が使われています。りんご・レーズン・クランペリー入りで、食感も楽しいです♪

「ポテトのポトフ」には、北海道産じゃがいものインカのめざめが使われています。これはポテトペーストにバター等を加えて焼きあげられたケーキなんですが、コクたっぷりで本当においしい。新聞やテレビから取材が殺到したほどで、一時は入手困難になっていました…。

あのリンゴと出会いたい

昔食べた王林というリンゴが忘れられません。リンゴは赤いものというイメージがあったので、黄色い王林はあまり食べる気にならなかった。でも食べてみると、何ともいえない甘味に仰天。酸味はほとんどありません。一切れだけでやめるつもりが、一個全部食べてしまいました(^^;

それからというもの、王林は一番好きな品種に君臨。毎年、王林が届くのを心待ちにするようになりました。

今でも王林は出回っています。食べれば果汁は多いし、甘味も強いです。でも、昔ほどではなくなってしまったような気がするんですよね。私が一番感動した王林は、初めて食べた王林でもありました。あの感動を超えるほどの王林と出会える年が、またいつか来ることを願っています。

黄色くて美味しいリンゴは、王林の他にもいろいろあるんですよね。9月下旬に収穫されるトキはジューシーで、甘味の中に酸味があります。歯ざわりや形においても優等生だと思います(^^)

外国で生産量が多いゴールデンデリシャスも、黄色くてとても甘いリンゴ。名前からも、美味しいリンゴがイメージできますね。日持ちはしないものの、甘味が強いだけじゃなく風味も抜群。日本での生産も増えると嬉しいです(>_<)

長持ちする黄色いリンゴには、シナノゴールドがあります。シナノゴールドの収穫は10月下旬から11月上旬にされるのに、次の年の春になってもまだまだ美味しく食べられるんです。一年中リンゴを食べたい私にとって、貯蔵性の高さはかなりのポイントです。もちろん貯蔵性だけじゃなく、果汁の多さや甘味と酸味のバランスもマル印です♪

群馬生まれのぐんま名月も、黄色くておいしいリンゴです。ぐんま名月には、蜜がたっぷり!まろやかな甘味は、特に女性に好まれているようですよ。

厚化粧になってない?

この間、マンガの中から飛び出してきたんじゃないかと思う女性を見かけました。あまりにも口紅が濃すぎるんです。今ではマンガにも、あれほど厚く口紅を塗った人は登場しないのではないでしょうか…。鏡を見ず、勘で塗ったのではないかとさえ思えました。それも色まで濃いものを使っているのだから、救いようがありません。

ゴテゴテの唇にしないといけない理由が、何かあったのでしょうか。口紅を塗ることで、何かを隠していたのかもしれません。

上手に使えば、周りの目を惹きつける唇を演出してくれるグロス。それも塗りすぎると、まるで油物を食べた後のような唇になってしまいます。テカリすぎは禁物です。

アイラインの使い方ひとつでも、厚化粧のイメージを与えてしまう可能性があります。アイラインでばっちり目を囲んでいたり、くっきりと太いラインを描いていたりする人にも、厚化粧だという印象を受けます。

一重や奥二重、小ささなど、アイラインは目のコンプレックスを隠すのに大活躍。でも、程度と言うものがあります。あまりにもくっきりハッキリとさせてしまっては、不自然で逆に格好悪くなってしまうような気がします。

目元でいうと、色が派手すぎるアイシャドウもどうかと…。似合っていればいいのですが、見るからにやりすぎの人もいるんですよね(^^;

たまに見るのは、まつげにボリュームを出すことに一生懸命になりすぎている人。濃いまつげ・長いまつげ・量の多いまつげなど、人によって理想のまつげはいろいろあると思います。でも、太いまつげはあまり格好いいものとは思えません…。パサパサにしたかったはずがダマダマのまつげになっている人を見ると、とても残念に思います。

上手にすれば、魅力ある顔立ちを演出してくれるメイク。でもひとつ間違えば、魅力を激減させてしまうことにも…。

煮物に飽きたら今度はコレ!

切り干し大根の煮物を作りすぎたり、飽きてしまったりしたときはリメイクがオススメ。ちょっと目先を変えれば、また美味しく食べられますよ(^^)

切り干し大根の煮物をリメイクしようとするときは、卵が大活躍してくれます。

鍋に入ったままの煮物を煮汁ごと火にかけ、煮立ったら弱火にして溶き卵を回しいれる。卵が好みの固さになったところで火を止めれば、『切り干し大根の卵とじ』が完成です♪卵は、中央から外側に向けるように回しいれるといいですよ。

切り干し大根の煮物を鍋から出して煮汁をよく切り、ボウルに入れる。そこに溶き卵を入れてよく混ぜ、油を引いたフライパンで両面焼けば『切り干し大根の卵焼き』が出来上がります。丸くしたり円錐型のオムレツにしたり、形はお好みで。

形を上手く作れないときは、思い切って炒ってしまいましょう。そうすれば『切り干し大根入りスクランブルエッグ』になります。最初からスクランブルにするつもりなら、炒る前に切り干し大根を小さく切っておくといいですよ(^^)

煮汁を絞り小さく切った切り干し大根の煮物は『お焼き』にしてもおいしいです。ボウルに小麦粉を入れて様子を見ながら水を加え、耳たぶほどの固さに調節します。そこに下準備しておいた切り干し大根を入れ、油を熱したフライパンで焼けば完成。おやつにもピッタリです♪

鍋から取り出し、煮汁を切った切り干し大根をマヨネーズで和えれば『切り干し大根のサラダ』に早変わり!切り干し大根の煮物の量が少ないときはつぶしたじゃがいもに加え、同じくマヨネーズやマスタードを加えてよく混ぜれば『切り干し大根入りポテトサラダ』です。サラダにするときは、キュウリやコーンなどをプラスしたらおいしさアップ。

他にもアイディア次第で、アレンジの仕方は無限大です♪

誰もが知ってる北海道土産

北海道土産としてだけじゃなく、全国的に人気ナンバーワンの白い恋人。新しくいろんなお土産菓子が次々と登場する中で、不動の人気を誇ります。北海道に住んでいれば目にする機会も多いし購入することもあるけれど、北海道人は意外と食べる機会が少ないんですよね。

白い恋人をお土産として買っても、自分の口に入ることはなかなか…。そんなに好きなら自分で買って食べればいいだけの話ですが、なぜか自分で買う気にはならない不思議な存在です。

六花亭のマルセイバターサンドも、北海道では昔から馴染み深いクッキーです(^^)分厚いクッキーに、これまた分厚くサンドされたバタークリーム。ご丁寧にもレーズンまで入っています。カロリーを見ると食べられたものじゃないけれど、目の前にあると食べないではいられません。だからこれが家にあると、悲しいような嬉しいような複雑な気持ちになります。

北海道のバター飴も素朴でありながら、根強い人気の持ち主。そこら辺のバター飴とはコクが違います。

北海道のお土産の中では、チョコレートも人気です。中でも一番人気は、ロイズの生チョコレート。これを口に入れたとき、一般的なチョコレートとの違いを実感しました。とてもなめらかで「生」と呼ぶにふさわしい口どけ。そして、濃厚なカカオ感と深いコク。話題になるのもうなずけました。

お土産には、夕張メロンチョコレートやハスカップチョコレートなど、北海道ならではの素材を生かしたチョコレートもぴったり♪夕張メロンチョコレートは、メロンスイーツが苦手な私にも美味しい!北海道以外ではなかなか味わえないハスカップチョコレートも、ぜひ全国のみんなに知ってもらいたいお土産です。

北海道といえば、やっぱり新鮮な海産物。カニ・イクラ・ホタテ・鮭なども、北海道土産として人気があります。食べもの以外では、木彫りのくまやマリモなんかがオススメです(^^)